【潜入レポ】「ミスソフィア2015」ファイナルがすごすぎた件! ウエディングドレス→親からの手紙で涙腺崩壊

学生の窓口編集部
2015/11/21
学園祭
あとで読む
目次
  1. ■多くの人が見守る中、華やかにコンテストがスタート!
  2. みんなすごすぎ! 個性あふれる自己PRタイム
  3. ウエディングドレス姿にうっとり…涙のサプライズも!
  4. ミスソフィア2015の栄冠は誰の手に!?

西山喜久恵、大橋未歩など第一線で活躍するアナウンサーを多く輩出し、“アナウンサーの登竜門"として呼び声の高い、上智大学「ミスソフィアコンテスト」。11月3日、2015年度のファイナル本番が開催されました。“純"というテーマのもとに厳正な審査を勝ち残った5名のファイナリストたち。由緒あるコンテストの栄冠に輝くのは一体誰なのか!? 大注目の『ミスソフィアコンテスト2015』の会場に直接潜入してきました!

■多くの人が見守る中、華やかにコンテストがスタート!

会場となる上智大学・四ツ谷キャンパスの講堂は満員。応援に駆けつけた大勢の人でにぎわい、同イベントの注目度の高さがうかがえます。会場がほどよい緊張感に包まれる中、コンテストがスタート。司会者から一人ずつファイナリストの名前が呼ばれ、いよいよヒロインたちの入場です!

まずはエントリーナンバー1番、法学部3年生の栗村真由さん。

明るい笑顔で声援にこたえます。鮮やかなグリーンのドレスも素敵です!

続いて、エントリーナンバー2番、文学部4年生の伊藤渚さん。

さわやかな水色のドレスで登場。努力家の伊藤さんは、この日のために精一杯準備してきました。

エントリーナンバー3番、経済学部3年の栗山朋子さん。

可愛らしいピンクのドレス。いつもニコニコ顔で愛嬌たっぷりです。

お次は、総合人間科学部3年の岡部茉佑さん。

弱気な自分を変えるためにコンテストに応募しました。もうすっかり堂々とした素敵な女性です。

最後はエントリーナンバー5番の文学部3年の石本花さん。今年のテーマ“純"を思わせる真っ白いドレスで登場です。

ファイナリスト5名がステージに出揃いました! うーん壮観です。

それぞれが自己紹介とコンテストにかける意気込みを語ると、次の出し物の準備のため一旦退場。その間、ゲスト審査員として、前年度の準ミスソフィアの藤本賢子さんと準ミスターソフィアの東龍之介さんが登壇。自身の経験をもとにしたエピソードを語り、今年の候補者たちにエールをおくります。

次のページみんなすごすぎ! 個性あふれる自己PRタイム

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催