ボケとツッコミはある? 意外と知らないアメリカの漫才の形式について

学生の窓口編集部
2015/11/18
学生トレンド
あとで読む


日本でお笑いの芸人さんといえば、二人コンビの漫才師が多いですね。では、アメリカではどうなのでしょうか? アメリカには二人コンビの「漫才」という形式のお笑いはあるのでしょうか? 今回は、アメリカの「漫才」についてご紹介します。

■かつては「漫才形式」があったが……

現在、アメリカのお笑いの中心は、一人でしゃべってお客さんを笑わすという漫談(スタンドアップ・コメディー)の形式が主流です。

日本でも有名なエディー・マーフィー(Edward Regan Murphy)、ジム・キャリー(Jim Carrey)、スティーブ・マーチン(Steve Glenn Martin)なども、そんなしゃべくり漫談からスタートしています。

かつては、アメリカにも日本と同じような「二人組の漫才」がありました。戦前から戦後すぐのあたりまで、テレビやラジオで全国的な大人気コンビが活躍していました。ボケ役とツッコミ役がはっきりと分かれた形式で、そこは日本のしゃべくり漫才と全く同じです。

有名なところでは、映画『オー!ゴッド』で「神」を演じたジョージ・バーンズ(George Burns)が若いころに、後に奥さんとなるグレイシー・アレン(Gracie Allen)と組んでいた『バーンズ・アンド・アレン』。これは実質上の夫婦漫才です。

日本でも「凸凹シリーズ」というクラシックなコメディー映画で人気だった『アボット・アンド・コステロ』も有名です。ツッコミ役のバド・アボット(Bud Abbott)とボケ役のルー・コステロ(Lou Costello)のコンビで、漫才らしい漫才を披露していました。

そして、漫才コンビというよりは、コメディアンと歌手のお笑いユニットともいうべきジェリー・ルイス(Jerry Lewis)とディーン・マーティン(Dean Martin)。この二人は日本でも大人気でした。ルイスとマーティンのコンビは「底抜けシリーズ」という映画も多く制作し、日本でも公開されているので、DVDなどで今でも見ることができます。

次のページ実際にアメリカの芸人のネタを見てみよう!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催