女子大生あるある!【サークル編】又吉ブームで脚光を浴びる「文芸部」と、女子ウケNo.1の「ダンサー」

大石 蘭
2015/11/17
サークル・部活
あとで読む

大学では、正確な数がわからないほど多くのサークルがあって、共存したり、対立したりしています。ふだんのキャンパスライフや学祭などで目立つサークルもあれば、目立たないところでほそぼそと活動している少人数のサークルも。

そんなさまざまなサークルの中で両極端にみえる例が、文芸サークルとダンスサークル。ひとくちに文芸サークルといっても、純文学系、ライトノベル系、SF系など、ジャンルはさまざま。同じように、ダンスサークルも、ストリート系、創作系などに細分化されています。

その中で悩みつつ、自分にぴったりハマるサークルを見つけていくのも、新入生の楽しみのひとつ。では社会人にとったアンケート結果から、文芸サークルとダンスサークルの一般的なイメージをみてみましょう。
■文芸サークルのイメージって……

「地味で会話が盛り上がらない、インドア派」(男性、36歳)「メガネかけた女の子がたくさんいそうなイメージ」(女性、20歳)「又吉のように地味で暗い人が多いイメージ」(男性、50歳以上)

又吉が地味で暗いかはおいといて……文芸サークルといえば地味、というイメージはぬぐえないよう。

その一方で、「自分で本を書いてそう」(女性、28歳)「作家になりたい卵がいる」(男性、50歳)という、将来の作家が生まれる可能性も秘めているのかも。

文芸サークルのメンバーの中には、定期的に同人誌を発行したり、文学賞に応募したりと、熱心に執筆活動をしている人もいっぱい。中には本気でプロを目指している人もいて、実際に賞をとったり、デビューすることも!作家ではなくても、編集者になったり、出版業に関わる人は一定数います。

■ダンスサークルのイメージって……

「夜の公園で練習していそう」(女性、36歳)「その辺でも踊る」(女性、30歳)「路上でダンスをしたり、どこにいてもイヤホンをつけてステップを踏んでいるイメージ」(女性、34歳)

など、どこでも踊っている印象をもたれているダンスサークル(通称「ダンサー」)。

とにかく目立つからか、

「チャラそう」(女性、28歳、他多数)「派手な格好をしていて、男との付き合いも多い」(男性、33歳)「出会い目的が多いイメージ」(男性、33歳)

など、見た目も私生活も派手なイメージがあるようです。でも、チャラいと思われがちなのも、リア充感がにじみ出ているからこそ。

「流行に詳しそう」(女性、28歳)「引き締まってる」(女性、24歳)「みんなスタイルがよさそう」(女性、30歳)

など、憧れ要素も持ち合わせています。踊っていると自分の見せ方を常に意識するので、ふだんの姿勢や仕草にも、自然と色気が出てくるのでは。

■文芸サークルVSダンスサークル

そんなインドア派の文芸サークルとリア充なダンスサークルは、わかりあえることはないのでしょうか……。しかし、ダンスサークルも振り付けのコンセプトを入念に練っていたり、ストリートダンスの歴史に詳しかったり、意外と頭脳派の一面も。

そして文芸サークルを奥手と思うなかれ。たくさんの文学に書かれた恋愛模様は事細かに分析済み、恋愛小説を書くスキルなら、そこらのリア充のLINEテクの比ではありません。ほとんどの文芸サークルメンバーは、ロマンチストです。腹を割ってガールズトークしてみたら、ふとしたきっかけで盛り上がっちゃうかも!?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催