夏休みが3カ月以上も? アメリカの大学生の長期休暇事情

学生の窓口編集部
2015/11/05
留学
あとで読む


大学生になると夏休みが約2カ月もあります。高校までの2倍ですから解放感があってうれしいですよね。でも、アメリカの大学生の場合、さらに長いお休みがあるようなのです。今回はアメリカの大学生の「お休み」についてです。

多くの場合、日本の大学生には、

・春休み:約2ヵ月

・夏休み:約2カ月

・冬休み:約2週間

と、合わせて1年のうち約4カ月以上はお休みがありますね。試験のスケジュールなどによってはそれ以上のお休みがある大学もあるでしょう。

では、アメリカの大学生はどうでしょうか。アメリカの大学生の場合でも、一般的に大きなお休みは次の三つです。

・Spring Break(スプリング・ブレイク)/Easter Holiday(イースター・ホリデー)

・Summer Vacation(サマー・バケーション)

・Winter Break(ウインター・ブレイク)

●「Spring Break」

この「スプリング・ブレイク」は日本の「春休み」に当たりますが、「イースター・ホリデー」ともいわれます。「イースター」は日本では「復活祭」という名で知られていますね。「スプリング・ブレイク」は3月の終わりからイースターが終わるまでのお休みです。ただし、この祝日はもともと太陰暦で定められたものなので、毎年日が変わるのです。つまり「春休み」は毎年期間がずれます。また「スプリング・ブレイク」では大学生のテンションが大爆発! ばか騒ぎが起こるお休みとしても知られています。

●「Summer Vacation」

この「サマー・バケーション」がその名のとおり「夏休み」です。6月初旬から9月上旬に秋の授業が始まるまで夏休み、というパターンが多いようです。実は、アメリカではその大学が1年を何期に分けて授業があるかでお休みも変わってきます。「2期制」「3期制」「4期制」といったこの期制で違っています。先に挙げた6月初旬からというのは、アメリカの大学で多い2期制の大学でのパターンです。中には5月中旬に卒業式があって、その後はもう夏休みなんてパターンもあるようです。

●「Winter Break」

この「Winter Break」が日本でいう「冬休み」です。12月中旬から1月初旬、また中旬までのお休みです。アメリカでは「クリスマス」は非常に重要な日。クリスマスには、大学生の皆さんも家族とゆっくり過ごすことが多いようです。

長くはないですが11月には、

・Thanks Giving(サンクス・ギビング)

のお休みがあります。これは「サンクスギビングデー」(感謝祭)にちなんだお休みです。アメリカでは「11月の第4木曜日」がその日ですから、たいてい火曜日、あるいは水曜日からその週末いっぱいまではお休みだそうです。12月は中旬から上記の「ウインター・ブレイク」ですので、「サンクスギビングデー」が終わると、すっかり休暇モードになってしまう大学生も多いそうです。

*……アメリカの各大学でお休みのスケジュールは異なります。あくまでも一般的なスケジュールを記載しております。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催