【保存版】白シャツ、チェック、デニムシャツetc…☆とことん着回し!旬のほめられコーデ術♡

学生の窓口編集部
2015/11/04
学生トレンド
あとで読む

誰でも1枚は持っている襟付きシャツ。季節の変わり目やちょっと肌寒いとき、レイヤードアイテムとしても活躍してくれますよね。そんな襟付きシャツをとことん着回すべく、この秋冬のトレンドにぴったりのシャツの着こなしコーデを紹介します。

1 シャツをアウターっぽく

まず、おすすめしたいのがシャツをさらっとアウターのように羽織る着こなし。どんなシャツでも柄や素材によって、いろいろなパターンで着回しができます。例えば、チェック柄のシャツならアメカジ風に、華やかな柄物シャツならアクセントに。デニムシャツならGジャン風にと、アレンジは無限大! そんなシャツをアウターのように着回すテクニックですが、おしゃれにシャツを羽織るためのポイントはサイズ感。ジャストサイズのものより大きめのものを選びましょう。

いつもよりワンサイズ大きいものやメンズのS〜Mサイズでボーイフレンドシャツ風に着るのもおすすめです。また、シャツをオーバーサイズ気味に羽織るようにして着るので、中のトップスとボトムスはジャストサイズを意識して。スカートだったらフレアではなくタイトやミニが、パンツだったらスキニーやストレートタイプのデニムなどを取り入れるようにしてコンパクトにまとめましょう。もし、寒くなってしまったらシャツのボタンを閉めてインしてしまってもOK◎!

2シャツワンピコーデ

今夏から人気継続中なのが、マキシ丈のシャツワンピ。シンプルなコーデにさらっと羽織るだけで、いっきに今年顔コーデにまとめてくれます。そんなシャツワンピですが、特におすすめなのがチェック柄。さらりとカーディガン風に羽織ったり、ボタンを留めてワンピース風に着たりするなど、とにかく汎用性が高い一押しアイテム。ワンピース風に着るときは、それだけだとすとんとしたラインで少し寂しいので、ベルトなどのウエストマークアイテムでアクセントをつけると野暮ったくなりません。

さらにシャツワンピでトレンドを取り入れつつ、周りと差をつけるならプラスアルファの小物使いがカギ。例えば、ロングシャツワンピで下がりがちなコーデの重心を、つば広ハットで上にもってきましょう。秋冬の定番アイテムであるベレー帽はもちろん、もはや大定番となったニット帽との相性もぴったり。もっと個性を出したいなら、丸めがねをプラスすることでひと味違うセンスの良さをアピールできますよ♪

3シャツ×ベストコーデ

シンプルな襟付きシャツと言えば、これまではデニムやスキニーパンツと合わせる着こなしがスタンダードでした。これはこれで定番スタイルなのですが、誰かとコーデがかぶってしまったり、どこか物足りなさを感じたりしてしまいますよね……。そんな定番の襟付きシャツは、今期注目のニットベストとのレイヤードコーデにトライしてみましょう。シャツとニットベストをレイヤードする場合、シャツの裾はインしてもそのまま出してもOK。シャツをボトムスにインしたスタイルならかっちりとした定番優等生コーデに、シャツを出したスタイルなら程よくヌケ感のある優等生コーデを崩したお洒落上級者さんコーデに仕上がります。

このときどちらの着こなしも「縦長」のシルエットを意識することでスタイルアップが叶います。シャツ+ニットベストのレイヤードスタイルはパンツでもスカートでも、ボトムスを選ばない万能の組み合わせ。ベレー帽やクラッチバッグなどの小物使いで、さらに優等生コーデをさらに格上げしてくれること間違いなしです。

4シャツ×ニットコーデ

今年の秋冬、今すぐに真似したいのがシャツとニットのレイヤードスタイル。定番の着こなしですが、今年はよりこのコーデがブームの予感! 着回しのコツは、ニットより少し大きめのシャツを合わせて、襟だけではなく袖や裾からもシャツを少し覗かせること。そうすることでこなれ感が出て、おしゃれ上級者に見えちゃう効果が。さらに、海外セレブやモデルたちの間で、ハイネックのニットにシャツを合わせるコーデが大流行中! このとき柄物ニットにシンプルなシャツを合わせても、反対に、落ち着いたカラーのニットにカラーシャツやデニムシャツを合わせてOK。

そんなシャツとニットのレイヤードコーデですが、ボトムスはパンツスタイルもスカートスタイルでも相性ばっちり。より洗練したバランスで着こなすなら、トップスがコンパクトならボトムスはボリュームを、反対にトップスがゆったり大きめサイズならボトムスはコンパクトにまとめてメリハリを意識して。足元はパンプスやポインテッドトゥのブーツできれいめにまとめても、ローファーやフラットシューズでとことんカジュアルに着こなしても楽しめます♪

5 シャツの腰巻きスタイル

シャツの着回しの中で、忘れてはいけないのが腰巻きするコーディネート♡ 着こなしのアクセント的にあえて腰に巻くだけ目的で取り入れる人が続出です。男女ともに人気のアレンジですが、巻くときのポイントは腰の骨の高さの位置で結ぶこと。それ以上高い位置で結ぶと、もろに80年代トレンディ感がたっぷりになり、一気にダサくなってしまうので要注意です。結び目もゆるーくが正解。バランス的にボトムスはすっきりしたパンツなどがおすすめです。

これらのポイントを見ても上手に腰巻きできるか不安という人は、腰巻き用としてはじめから結んだ状態になっているシャツ風スカートも売られているのでチェックしてみて。シャツの腰巻きはコーデのポイントになったり、カジュアルダウンさせたりできる上、お尻や太もものカバーや防寒対策にもなるという、嬉しい便利さが魅力。トレンドと合わせて上手に着こなしてみてください!

いかがでしたか? いつものシャツをとことん着回して、上手に賢く旬のトレンドを取り入れたコーディネートを楽しんでくださいね♪

編集:ナイスク
イラスト:green K

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催