どんな伝え方をすれば揉めない? 辞めづらい「アルバイト」をすっきり辞めるコツ 2ページ目

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む

【バイトを円満に辞められるコツ 】

■ 「前以て辞める意思を伝える」

急に辞めてしまうと後釜が見つかるまで、一人少ない人数で回さなければなりません。しかし、事前に辞める意思を伝えておけば、その間に求人募集をかける事ができますし、引継ぎ業務もしっかりと行えます。

また、社内で仕事の割り振りも行う事ができますので、辞める場合には前以て伝える事が重要になります。

■ 「辞める時期」

繁盛期など、忙しい時期に辞めるのは、会社としても厳しい状況です。忙しい時期を過ぎてから辞めると、同僚にも感謝されますし、雇い主との関係も円満のまま辞める事ができます。

■ 「代わりの人材を紹介する」

自分がやめる時に、自分の代りに働いてくれる知り合いを紹介するのもおすすめな方法です。会社的には、新しく求人募集をしなくても大丈夫ですし、何より知っている人からの紹介ですので、どこの馬の骨ともわからない人間よりも信頼がおけます。

【辞める理由】

■ 「引越しなどの理由」

アルバイトを辞める時には、相手の方が納得する理由が必要になります。最も簡単に辞められる理由としてお勧めしたいのが引越しです。引越しをするため、お店に通えなくなったという理由でしたら、雇い主の方も納得してしまうと思います。

■ 「自分が向いていないと思う」

仕事が辛い、人間関係が上手くいかない、時給が安いなど辞めたい理由は沢山あると思いますが、それらをストレートに伝えてしまうと、雇い主の方は良い気がしないと思います。そこで自分が向いていないと思うなどを理由にしてみてください。

会社や労働環境には不備はなく、自分に向いていないだけの理由という事が伝われば、雇い主のせいではないと思われると思います。相手を傷つけずに辞める最も無難な回答になります。

■ 「腰痛が酷くて」

身体的な理由で辞めたいという方は大勢います。特に腰痛は辞める理由には無難な回答だと思います。外からわかりにくいけど、同情を買う事のできる症状ですので、辞める理由を聞かれたら腰痛と答えてみて下さい。

あまり働いた経験のない方は、アルバイトを辞める事が出来ずに働き続けているという方も多いと思います。

法律的には、辞める事を抑止する物はない為、辞めたくなったら自由に辞める事ができるのですが、人件費を極限まで削っている経営者が多い為、人数をギリギリで回している為、一人辞めてしまうと回らない事態になってくると思います。そんな時には、しっかりと辞めやすい状況に持っていく事が重要になります。

辞めやすい時期、辞めるために必要な内容などは、このページを参考にして頂ければ、円満に辞める事ができると思います。

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催