【ユニドル】女子大生アイドルの頂点! 上智大学「SPH mellmuse」にインタビュー 3ページ目

学生の窓口編集部
2015/10/21
大学生インタビュー
あとで読む
目次
  1. ——年間を通じてどのような活動を行っていますか?
  2. 次へ
  3. 次へ
  4. 次へ
  5. 次へ

■お互いにぶつかり合いながら作り上げるステージ

——SPH mellmuseならではの、パフォーマンスへのこだわりを教えてください。

なな:演目が同じアイドルグループに偏らないことです。多くの方に楽しんでいただけるように、セットリスト(曲目と演技順)にはテイストの違う演目を入れて、メリハリのあるパフォーマンスを目指します。たとえば大人数曲で始まり、キュート系やカッコイイ系の少人数曲を入れて、また大人数で締めるというような流れです。

まりりん:どちらかというとカワイイ系の曲を選ぶチームが多い中、シャープでカッコイイダンスができるのも、SPHの強みかもしれませんね。

——そうした演目を作り上げるには、いろいろ苦労することもあるのでしょうね。

なな:1年生のころは先輩が引っ張ってくれましたが、いざ自分が同じ立場になると「失敗したらどうしよう…」という不安も出てきます。たった10分間のステージを作るために、練習中は怒られたり、バトルしたりの連続。真剣だからこそ言い方がきつくなるメンバーもいて、私はなだめ役に回ることが多いです。でもそんな辛い体験をしてこそ、みんなが強くなれるんですね。


次のページ次へ

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催