学生も楽じゃない! 大学時代に一番苦労したこと「実験レポート」「英語の論文」「片道2時間半の通学」

編集部:はまみ
2015/10/19
入学準備・新生活
あとで読む

大学時代、勉強やバイト、サークル活動と、毎日忙しくすごしていた人も多いと思いますが、そんな大学生活を過ごす中、いちばん苦労したなぁ……と振り返って思うことはなんですか? 今回はそんな、「 大学時代に一番苦労したこと」について、社会人男女にアンケート調査を行いました。なぜそれに苦労したのかも合わせて聞いてみましたので、以下にご紹介します。
■卒論に苦労した!

・卒業論文を書くこと。教授がとても厳しく、何度もかき直しさせられて結局提出日の締め切り1時間前まで執筆していたから。(男性/24歳/商社・卸)

・卒業論文を書くこと。ギリギリまで手をつけていなかったので、提出日ギリギリになって1ヶ月間ほぼ毎日徹夜をすることになったから。(女性/23歳/金融・証券)

・卒業論文を書くこと。自分の研究分野が非常に難しく、前提知識の学習や文献調査にかなりの時間を要したから。(男性/23歳/情報・IT)

やはり卒論は時間もかかるため、苦労した人が多いよう。それにしても1カ月ほぼ毎日徹夜って……、メチャメチャ辛そうです!

■勉強、実験、レポート等に苦労した!

・大学の授業を自分で理解すること。まわりに聞けるような友人もいなかったし、教授も「質問するな」とか意味のわからないことを言う人が多かった。(男性/28歳/情報・IT)

・授業が週6回あった。朝から晩まで宿題たっぷりで勉強漬けだった。(女性/28歳/食品・飲料)

・2進法、10進法などの数学が必修だったが意味が全く分からずこれのせいで卒業ができないと思った。講義を聞いていても全く意味が理解できず、ただただ答え方を暗記をしてなんとか一発で単位を取得した。(女性/33歳/学校・教育関連)

・プログラムを組む授業。全く意味が分からず、理解できず、単位を落とすかと思った。(女性/41歳/マスコミ・広告)

・学部で一番嫌われている教授の科目のテストで論述すること。変わった性格の教授で「論述では文が長いほど減点」というスタンスだったので、必要な語句をすべて網羅したうえで短く書くのが想像以上に大変だった。(男性/26歳/その他)

・英語で論文を書くこと。書き方も全く分からないところから始めたので大変だった。(女性/26歳/金属・鉄鋼・化学)

・実験のレポート作成。実験に何時間もかかり、膨大なデータをまとめるのに苦労した。(女性/32歳/食品・飲料)

・実習のレポートを書くこと。一か月の実習のレポートを週末にまとめるだけでなくその翌週からの実習の準備もしなくてはならなくてほとんど寝られなかった。(女性/39歳/医療・福祉)

・研究が忙しかった。朝から晩までずっと研究ばかりで自分の時間がほとんどなかった。(男性/25歳/建設・土木)

必修科目の中に苦手なものがあって、それに苦労したという人が多かったです。また、実験や実習はレポートの量が多かったり回数が多かったりと、時間がかかって大変という意見多数でした。

次のページこんなことにも苦労!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催