ほんとの文武両道! 大学に一般入試で入ったスポーツの名選手たち「古田」「金本」「岩政」

学生の窓口編集部
2015/10/17
サークル・部活
あとで読む


大卒のプロ野球選手と聞くと、「スポーツ推薦で大学に入学した」というイメージを抱くことが多いでしょう。しかし中には一般入試で大学に進学し、その後努力してプロのスカウトを受けたという選手もいるのです。他にも、一般入試で入学した後に頭角を現したスポーツ選手も多くいますね。今回はそんな「大学に一般入試で入ったスポーツ選手」を紹介します。

■実はあの名選手も一般入試で大学入学!

●古田敦也(野球)

日本プロ野球史上、ナンバーワン捕手とも評価されている元プロ野球選手の古田敦也さんは、一般入試で立命館大学に入学しました。このとき他に関西大学も受験し、合格していたそうです。その後関西学生リーグや学生日本代表として活躍しましたが、大学卒業時はドラフトで指名されず。屈辱をバネに社会人野球で活躍し、ヤクルトに入ることになりました。

●金本知憲(野球)

広島カープや阪神タイガースで活躍した金本知憲さん。大学入試で何度もトラブルに遭った末、一般入試で東北福祉大学に入学します。そこで恩師となる伊藤義博監督と出会い、仙台六大学リーグで活躍。卒業時にドラフトで広島カープから指名され、プロの世界に入りました。

●上原浩治(野球)

メジャーリーグのボストン・レッドソックスで不動のストッパーを務める上原浩治選手も、一般入試で大学に入った野球選手です。高校卒業時に体育教師になるべく大阪体育大学を受験するも不合格。翌年、再度同大学を受験し合格します。ずっと着けている背番号19は、「浪人生活を送った19歳の一年を忘れないようにする」という意味なんだそうです。

●小宮山悟(野球)

千葉ロッテマリーンズ(ロッテオリオンズ)で活躍した小宮山悟さん。高校卒業後、2浪した後に早稲田大学教育学部に一般入試で入学しています。大学在籍時には教職課程を履修し、教員免許を取得しています。

●田中順也(サッカー)

柏レイソルで活躍し、現在はポルトガルの強豪クラブ「スポルティング・リスボン」に所属する田中順也選手も一般入試で順天堂大学に入学しています。大学時代はあまり注目される選手ではありませんでしたが、視察に訪れた柏レイソルのスカウトの目に留まり、特別指定選手としてチームに参加しました。

●岩政大樹(サッカー)

鹿島アントラーズでディフェンダーとしてレギュラーで活躍し、現在はファジアーノ岡山に所属する岩政大樹。高校卒業後は教員になるために東京学芸大学に一般入試で入学しています。その後関東大学リーグ1部で活躍し、鹿島アントラーズに入団しました。

●久木田紳吾(サッカー)

岩政大樹選手と同じくファジアーノ岡山に所属する久木田紳吾選手も、一般入試で大学に入学したサッカー選手。なんと入学したのは東京大学です。その後ファジアーノ岡山から獲得オファーを受け入団。「東大出身者で初のJリーガー」となりました。

●町田樹(フィギュアスケート)

2014年の全日本選手権で引退を表明した町田樹さん。現在は研究者になるために早稲田大学大学院スポーツ科学研究科の修士課程に在学しています。もちろん受験したのは「一般入試」でした。スポーツ選手として活躍する中で「一般入試」を受けた珍しいパターンです。

大学に一般入試を経て入ったスポーツ選手を紹介しました。こうして見ると野球選手が多いですね。また、最初からスポーツ選手になると決めていなかった選手もいたりします。皆さんの中にも、大学で興味を持ったことが将来を左右する場合もあるかもしれませんね。

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催