夏にやるものなんて決めつけ!? 楽しくてメリットも多い”秋BBQ”のススメ

学生の窓口編集部
2015/10/24
学生トレンド
あとで読む

BBQは夏にするものというイメージがありますよね。ですが秋のほうが向いているってご存知でしたか? 気候的に涼しくてより快適というだけでなく、危険も回避できるんです。今回は、そんな秋のバーベキューがおすすめの理由を解説していきます。

■夏のBBQ、実は危険

BBQをするなら夏の川原やキャンプ場というイメージを持っている方も多いかもしれません。ですが、夏のBBQは実は危険なこともあります。気温が高く、日差しも厳しい夏に長時間外で過ごし、さらにグリルの熱も加わって熱中症になってしまいかねません。もう一つ、夏のBBQの危険といえば食中毒です。食中毒を起こす菌は35℃から37℃で最も繁殖します。多くの菌は75℃以上で1分加熱すれば死滅しますが、危ないのは生野菜をサラダで食べること。また肉を焼いたトングで取り分けるのも危険です。夏のBBQは暑くて食欲減退してしまうだけでなく、危険なことも沢山です。

■その点、秋のBBQは?

通な人は、秋にBBQをするとも言われています。気温も心地よく、虫も少ない秋は山の景色が美しいというメリットも。日が落ちてきたら寒くなりますが、そんな時BBQの炭が温めてくれます。家族や仲間と火を囲み、心地よくワイワイできるのも秋ならではではないでしょうか。また、夏はBBQをするひとが多いため、川原もキャンプ場も人が多く落ち着けません。秋はロケット花火でうるさいということもなく、人気のあるキャンプ場でも予約が取りやすいというメリットもあるのです。

■秋は旬の味覚がたくさん

秋は旬の食材も豊かです。肉だけでなく、さんまや秋鮭、舞茸や松茸などのきのこ類やイモ類、なすや栗などおいしい秋の味覚がそろう秋こそBBQの本番です!また、食材が余った際は鍋にするのもおすすめです。空気が冷たくなってくる秋には温かい鍋がおいしく、炭で焼いた焼きおにぎりを、鍋に入れて食べるという楽しみ方もできます。

■秋BBQに、秋鮭のホイル焼き

秋にぜひ作りたい秋鮭のBBQをご紹介します。材料は秋鮭2〜4切れに玉ねぎ1個、えのきやしめじ・もやしを適量です。アルミホイルをグリルに置いて、まずもやしを敷きます。そのあと薄くスライスした玉ねぎ、鮭、そしてきのこを。塩コショウしてからバターも適量のせます。ホイルを綴じ、10分位して鮭の色が変わってきたら完成です。

■BBQで焼きりんご

最後にデザートレシピをご紹介します。りんごを切らずに芯のみ取り除き(そこまでは穴を開けないで)、砂糖とバターを詰めておきます。これをホイルに包み、肉などを焼いている間グリルの端でときどき回転させながら焼くだけです。バニラアイスクリームを乗せてもおいしいですよ。

秋は紅葉を見ながらBBQなんて贅沢な楽しみ方もできます。また最近は、手ぶらでBBQできる施設もあるので、道具類がなくても気軽にBBQに行けるようになりました。食欲の秋、今年は家族や友だちと楽しくBBQするのはいかがでしょうか?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催