​【デカ盛り】こぼれるばかりの山盛りネギトロ丼! 横浜・馬車道名物の『BAN・BAN番長』

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む


小ぶりな丼ながら、てんこ盛りのご飯に積み上げられたネギトロの高さは約18センチにもなる横浜の名物丼「ねぎとろ番長」(単品850円)。長年、横浜中央卸売市場「竹家食堂」で一番人気を博していたメニュー。こちらのネギトロ丼は昨年、店主が独立した際に同店に引き継いだもので注文率が8割にもなるという看板どんぶり。

●豪快な山盛りご飯とネギトロが圧巻
小ぶりなどんぶりながら、てんこ盛りのご飯に積み上げられたネギトロの高さは約18センチにもなる「ねぎとろ番長」(単品850円)。長年、横浜中央卸売市場「竹家食堂」で一番人気を博していたメニューを昨年、店主が独立した際に引き継いだもので同店でも注文率が8割にもなるという看板メニューだ。見た目インパクトのメガ盛りメニューというだけでなく、市場の労働者の舌と胃を満足させてきただけあって味付けもオリジナルの工夫がされているのが特徴。
脂のよくのったメバチマグロのネギトロには、にんにくやショウガ、ごま油、コチュジャンなどで調味した醤油ダレがほどよく効いている。そのため、何もかけなくても、わさびをアクセントにしながら食べ進めても飽きのこない味わいだ。注意点は、いきなりネギトロとご飯の山に挑むと崩壊してしまうので、別添えの小皿に山頂部のネギトロを移動させてから、ご飯とバランスを取りながら食べすすめるのがベター。塩ダレをベースにレモンをしぼって食べる「二代目ねぎとろ番長」もサッパリと素材本来の味わいが楽しめると好評だ。

●おかず3品付きで圧倒的なコストパフォーマンス
単品でも十分なボリュームとインパクトの「ねぎとろ番長」だが、ランチタイムの売れ筋は唐揚げや各種フライ、マーボー豆腐、さば味噌煮、玉子焼きなどの日替わりおかず3品と汁物がセットになった1000円の定食。「ねぎとろ番長」の大盛りは200円増しで、女性や子供のほか小食の人向けにはハーフサイズの「レディース番長」(おかず・汁物付き)850円もあるのでカップルや家族連れでも楽しめるよう気配りがされている。
ディナータイムには100円増しとなるが、居酒屋メニューも豊富にそろい「横浜DeNAベイスターズ」のファンでにぎやかに盛り上がるため、スタジアム観戦の後に寄ってみるのもおすすめ。


【店舗データ】
店名:BAN・BAN番長
所在地:神奈川県横浜市中区弁天通3-39-201
営業時間:11:00~14:00(ラストオーダー13:30)、17:00~24:00(ラストオーダー23:00)
定休日:月曜(祝日はランチ営業のみ)
HP:http://ameblo.jp/akutaroh1971178/

【その他メニュー名 価格】
・めちゃ丼(チャーシューとづけマグロの合わせ丼)900円/夜980円
・アゲアゲ丼(トンカツ・唐揚げ・エビフライの合わせ丼)1100円/夜1300円
・焼き魚定食850円/夜950円
※すべて税込価格



関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催