失恋した女子必見! 元カレとヨリを戻したいときに心がけること3つ

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

別れてしまった彼氏ともう一度やり直したい、と思う女っせいは少なからずいると思います。しかし一度別れた以上は、そう簡単にヨリを戻すことはできません。別れた理由にもよりますが、ここでは元彼とヨリを戻したいと思った時に考えて欲しいことを紹介します。

■冷却期間としてもう一度相手を見つめ直す
付き合っていた頃の彼はどんなだったか、別れてからの冷却期間を経ることで、幾分か元彼のことを客観的に見られるようになります。そうした上で相手のいいところ、悪いところを見つめ直し、自分にとって必要な存在であったかを考えることが大切です。好きで付き合っていた頃には相手のいいところしか見えないと言われています。そうしてしばらく付き合っていくと相手の悪いとこばかりが目立つようになってくるのです。そうした偏った見方を、一旦距離をおいて見つめ直すことで再認識することができます。しかし、ヨリを戻すつもりなら最低3ヶ月は待ったほうがいいでしょう。

■振られたのなら、自分に磨きをかける
ふとした機会に再開したときに、こんないい女性だったかなと思わせる成長を見せれば、ヨリを戻せるチャンスになります。ファッションセンスを磨いて女子力をあげたり、自分の欠点だったところを克服できれば、元彼が貴方の見る目も変わってくるでしょう。理想の女性像を知っていれば、それに近づけるように努力してみるのもいいです。しかし整形などはNGで、あくまで自分らしさを保った状態で自分磨きに努めていくのがポイントになります。仮にヨリを戻せなくても、きっと次の相手を探す時に有利になるはずです。

■統計的に見るやり直した結果
別れたカップルの内、再びヨリを戻したというケースは4人に1人という結果になっています。さらに復縁しても結局は別れてしまったというケースが、復縁した人の6割に上っているようです。統合すると、復縁してうまくいっているというカップルは、別れたカップルに対して約1割という結果になり、実際問題としては復縁してもうまくいかずに、再び分かれてしまうというケースが多く見られます。またあなたが振った場合は、彼の気持ちがまだ冷めていないうちに復縁するのがベストで、そのリミットは彼が次の相手を探し出す、または別れていることに慣れてしまう3週間以内と言われているのです。もし復縁を願うのであれば、なるべく早めのアクションを起こすことが大切だともいいます。

復縁をするのであれば、そのリミットにはタイミングや別れた理由により3週間であったり3ヶ月は待ったほうがいいというように見解によって異なります。冷却期間を置きたいのであれば、一度冷却期間を設けようと話を持ちかけてみるのもいいでしょう。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催