【ミス理系2015候補】見た目は小悪魔系、中身はしっかり! 慶應義塾大学、服部愛さんインタビュー

学生の窓口編集部
2015/09/04
学園祭
あとで読む

【ミス理系候補】 慶應義塾大学、服部愛さん 画像一覧


「理系女子は暗い」「オタクっぽい」なんて昔の話。今年で4年目を迎える『ミス理系コンテスト』は、「美しさ」「知性」「理系のイメージアップへの貢献度」を審査基準としたミスコンテストです。9月7日(月)に行われるファイナルに出場するのは、わずか6名の理系美女たち。今回は、ほんわかした雰囲気を持ちながらも芯の通ったガッツリ理系女子、慶応義塾大学4年生・服部愛さんにインタビューしました。

■理系の持つイメージを変えたくて

——ミス理系にエントリーした経緯を教えてください。

今まで大学の授業や講演会などで、理系の知識を自分の頭の中に入れる作業をしてきたんですけど、「そういえば自分自身から理系の魅力を発信することってなかったな」と思ったんです。それで、この『ミス理系コンテスト』を機会に、理系の魅力をもっと世の中に伝えたくてエントリーしました。理系というとどうしても“堅い"とか“真面目"と思われがちなんですけど、そういうイメージを変えたくて、ファッションショーに出演したりもしました。

■大学では「線虫」の研究をしています

——大学ではどんな分野を勉強をしているんですか?

生命情報学科の生物物理神経情報学研究室で、「線虫」という体長1mmくらいの生物の研究をしています。線虫の行動を観察するんですけど、突き詰めていくと人間の神経や行動にもリンクしていて、とても奥が深い研究なんです。

——さまざまな分野の研究がある中で、なぜ線虫を選んだのですか?

高校時代から動物行動学に興味があって、大学で本格的に学んでみたいと思っていたんです。線虫ならサイズも小さいし、行動も観察しやすいので「よし、線虫にしよう!」と決めました。

■“日本一、自動車に詳しい理系女子"を目指します

——将来も線虫の研究分野に?

実は最近、就職活動を終えて、自動車メーカーの技術職に採用が決まりました。社会人になったら、車の開発に携わることになります。小さい頃から車が大好きで、モーターショーによく行っていたんです。

——線虫や車など、服部さんのかわいらしい印象からはあまり想像できないですね(笑)。

ギャップがあるってよく言われます。友だちからも「中身は男子だね」って。

■やるからにはグランプリを!

——それでは最後に、ファイナルへの意気込みを一言お願いします。

本番まであと少しですけど、『ミス理系コンテスト』の存在をアピールして、たくさんの人に集まっていただき、イベント自体が大成功になったら嬉しいです。そして、やっぱり出るからにはグランプリを獲りたいです!

——力強いコメント、ありがとうございました!


服部愛
慶應義塾大学理工学部生命情報科学科4年
生年月日:1994.2.18
出身地:愛知県
身長:160.5cm
血液型:A型

取材・文:小山喜崇(サイドランチ)
写真:下山展弘

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催