失敗談さえも懐かしい! 生まれて初めて作った料理ってなに? 「バレンタインチョコ」「母の日のカレー」

学生の窓口編集部
2015/09/01
入学準備・新生活
あとで読む


料理上手になる秘訣は、なんといっても経験ではないでしょうか。最初は失敗しても、何度もやっているうちにコツをつかんできますよね。ビギナーにとって、失敗はご愛敬。ちょっとくらいマズイものを作っちゃったとしても、めげずにまた挑戦していきましょう。あなたが生まれて初めて作った料理はなんですか? 読者に聞いてみました。

■仕上げはレンジでチン

・「ハンバーグ。中まで焼けずに困った」(女性/31歳/アパレル・繊維)

・「ミートローフ。綺麗に焼いて、マッシュポテトで飾り付けまでしたのに中が生だった事です」(女性/32歳/ソフトウェア)

中まで完全に火が通っているかどうかは、料理経験が浅いとわかりにくいですよね。

■ドキドキ☆クッキング

・「クッキー! バレンタインのプレゼントに作りました」(女性/30歳/人材派遣・人材紹介)

・「バレンタインのチョコレート。板チョコを溶かして別の型に入れて固めるだけだったが、難しかった」(女性/28歳/機械・精密機器)

市販品にはかなわなくても、手作りの味は格別ですよね。相手の男子は、今でも覚えているかな?

■仕上げが難しい

・「オムライス。たまごにごはんを包むのがうまくできなくて、チャーハンのようなオムライスになってしまった」(女性/33歳/学校・教育関連)

・「オムレツ。二回目まではスクランブルエッグになり、三回目でやっと完成した」(男性/32歳/商社・卸)

たとえ成形できなくても、おいしく食べられたらそれでいいんです!

■見ているほうがハラハラ

・「炒り卵。まだ私が小学生で、母親が隣で手を出したいのを我慢しつつも口を出しまくっていて、祖母にたしなめられていた」(女性/33歳/運輸・倉庫)

横で見ていると、ついつい手や口を出したくなってしまうものですよね。それが親心というものです。

■お母さん、いつもありがとう

・「カレーライス。母の日に母親を喜ばせようとチャレンジした」(男性/22歳/食品・飲料)

その気持ちがうれしかったでしょうね。できあがったカレーは、親孝行の味がします。

■ちゃんと成功!

・「炒飯。おいしくできてビックリだけど野菜の大きさがバラバラ」(男性/31歳/運輸・倉庫)

きっと自分で作ったから、なおさらおいしく感じたのでしょうね。

■女子力アピール

・「ハヤシライス。彼が家に来るからと玉ねぎを泣きながら切った」(女性/28歳/ソフトウェア)

パートナーにいいところを見せたい。玉ねぎなんかに負けないわ!

次のページ初めて料理を作った、意外なタイミングとは?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催