若者だけじゃない!? 日本人のアルコール離れってほんと? 国税庁の「酒レポート」を調査してみた 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

■成人1人当たりの酒類販売(消費)数量の多い都道府県Top10

第1位 東京都……109.4リットル

第2位 高知県……99.1リットル

第3位 青森県……95.8リットル

第4位 宮崎県……95.0リットル

第5位 新潟県……94.8リットル

第6位 秋田県……94.6リットル

第7位 大阪府……94.1リットル

第8位 鹿児島県……91.5リットル

第9位 岩手県……91.1リットル

第10位 北海道……89.7リットル

*……沖縄県は集計に含まれていません。

東京都がぶっちぎりで1位でした! 2位の「高知県」とは平均年間消費量で10リットルも違います。若者のアルコール離れといわれますが、東京都の成人はけっこう飲んでいますね。飲み屋がたくさんあることが影響しているのかもしれません。

2位「高知県」、3位「青森県」と酒豪がたくさんいそうなイメージのある県が続いてます。Top10に入った都道府県に住んでいる皆さんはいかがでしょう。 やっぱり周囲にお酒が好きな人が多いのではないでしょうか!?

データからすると、「若者のアルコール離れ」は全体傾向としては正しいものの、地域によっては「そうでもない」という場所もあるのではないでしょうか。

⇒データ出典:国税庁「酒レポート 平成27年3月」

https://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/shiori-gaikyo/shiori/2015/pdf/006.pdf#page=4

(高橋モータース@dcp)

2

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催