3日間で企画・開発・プレゼンまで! 短期インターンで感じたこと【私のインターン体験記】

学生の窓口編集部
2015/08/19
インターン
あとで読む

就職活動のために、インターンシップへ参加した学生にインタビューを実施する本連載。今回は、早稲田大学 4年生の宮本さん(仮名)に話を伺った。

□ □ □

興味のない業界からの始まり

―― どのようなインターンに参加しましたか? 

教育業界の大手企業で短期インターンに参加しました。正直、教育業界に興味があったわけではなく、企業名が有名であったことと、業界が堅調な伸びを見せているという点から、チャレンジしてみようと思ったのがキッカケです。

事前に課題も、インターン中は3日間みっちり

―― 内容はどのようなものでしたか?

3日間で教育関連のアプリを企画・開発し、最終日にプレゼン発表するというものでした。初日にIT関連の基礎研修を行い、その後5、6人のチームに分かれ、企画・開発を行います。プレゼンの優勝者には景品がもらえるという内容でしたが、アプリの実装まで指示され、最終日のプレゼンでは、実際に役員の前で動くものを提示しなければなりませんでした。

3日間という短期間だったので、企画のアイデアは、インターンまでの事前課題として参加者に課されていました。チーム分けが決まった後、各自で考案したものをすり合わせ、あとは一気に開発、プレゼンへと進む流れでした。各チームに社員が一人、メンターとしてサポートにつく仕組みになっていたので、体制はしっかりしていた印象です。

次のページ効率を考えた役割分担が大切

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催