FPに聞いた! 東京一人暮らしの大学生が、バイトしないでギリギリ生活していける仕送り額はいくら?

学生の窓口編集部
2015/08/16
留学
あとで読む


授業の忙しい学部に入学した場合、アルバイトをする時間が確保できないと悩むケースもあるかもしれません。今回は、アルバイトをせずに生活していくには仕送りがいくらあると可能なのか考えてみましょう。

■実際に使っているお金の全国平均は家賃以外で月額5.4万円

独立行政法人日本学生支援機構が行った「平成24年度学生生活調査」から学生生活にかかる平均的な支出を見てみましょう。大学昼間部で下宿、アパート等のひとり暮らしをしている学生の平均額は授業料、通学費などの「学費」が年間約109万円、食費、住居費などの「生活費」が年間約110万円となっています。

授業料       840,600

その他の学校納付金 129,100

修学費       50,400

課外活動費     44,700

通学費       25,300

小計(学費)    1,090,100

食費        260,300

住居・光熱費    471,300

保健衛生費     44,700

娯楽・し好費    146,200

その他の日常費   172,500

小計(生活費)   1,095,000

計         2,185,100

(年間・円)

※独立行政法人日本学生支援機構「平成24年度学生生活調査について」(大学昼間部 下宿、アパート、その他)

アルバイトをせずに生活をすることを考える場合、授業料や家賃などの住居費は親の口座から直接支払うケースが多いかもしれません。また、定期などの通学費については最寄り駅などで仕送りから自分で手配することが多いでしょう。そう考えると仕送りは通学費、食費、保健衛生費、娯楽・し好費、その他の日常費の合計約65万円が平均的に必要な金額と考えられます。月額になおすと約5.4万円です。

次のページ首都圏で家賃込みの目安だと◯◯万円

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催