マイナビ家庭教師
マイナビが運営する「ハイクラス」学生講師家庭教師サービス

TEL:0120-701-517

受付:月曜~金曜(祝日を除く) 10:00 ~ 18:00※1都3県エリア対象、詳細はお問い合わせ下さい。

夏休み後半。終わりましたか?親子で通らなければならない鬼門・・・読書感想文の簡単な書き方(前編)

降旗靖夫
2015/08/18
ニュース
あとで読む

まだ2週間もある・・・・・なつやすみ・・・・(泣)。というのがお母様方の本音ではないでしょうか。

朝から晩までお子さんが家にいて夏休みの宿題と言えば、面倒なものばかり。その中で、他の追随を許さずにダントツなのが読書感想文です。私が作文教室を開いたきっかけでもありますし、何とか楽しく作文に取り組んでいただきたいと考えて、今回は、その仕組みやお子さんに書かせる簡単な方法をお伝えします。

まず、名前が間違ってるんですね「読書感想文」!「感想」って、お子さんに言わせるとほとんどが「面白かった」「かわいそうだった」「○○ができてよかったとおもった」などです。これで書けるのは3行くらい。また、もう一つのパターンは「○○がね~こうしてああして~、それでその次になんとかをして~、なにをして~。それでそのつぎにはなにをして~。」と時系列でどこまでも本の内容を説明してしまう終わらないパターン・・・。

このどちらも大人からすると困ってしまいます。どちらも求められている読書感想文とは違うからです。

では、何を書くかというと実際には「読書分析文」。主人公がその物語の中で得たものや変化をふまえて、その心情読み取りをする。そしてその主人公がどのように成長したかを考えて(見つけて)書き、さらに自分の体験や性格と重ね合わせてその考察を書く。ここまで書かないと、学校からの課題の400字詰め原稿用紙3.4枚は埋まりません。私の理論では、1200字の論文が書けるようになってほしい年齢は中学二年生ですから、小学生にははじめから無茶ぶりな宿題なわけです。学年にもよりますが、お子さん自身はできないので保護者様への宿題ですね。

では、どうやって書かせましょうか?私がおすすめしているのはインタビュー方式です。ここでは2,3年生のお子さんだと仮定して例を挙げます。聞き手は、まず材料を仕入れるために質問をしてあげます。「どんな内容の本だったの?」「主人公はだれ?」「どんな事件が起きるの?」「その事件が起きた時、主人公の●●はどうした(どう考えた)の?」など。これをまず聞いた上で、本の中で主人公がどのように成長していくのかをまとめていきます。

お子さんには成長といっても意味が分からないので「どう変わったの?」と聞くといいです。本選びについてはまた、別の機会にお話ししますが、この書き方をまず念頭に入れて書きやすい本を選ぶといいですね。主人公が何か課題を乗り越えるような形のものが書きやすく、主人公が今人気の魔女だったり妖怪だったりすると、心情読み取りが浅くなります(書けないわけではありませんが)。聞き手は、インタビューをしたら材料をとにかくたくさん引き出してあげてください。その時に、お子さんの言葉をメモすることを忘れずに。とても斬新なフレーズや素直な感想を言ってくれるのですが、その場で聞いているだけだと絶対忘れてしまいます。

例えば、「そのとき、主人公はどう思ったのかな?」と聞きます。するとお子さんの答えはこんな感じです。子「えっと、おこられて、いやだった。」聞き手「何を怒られたの?」子「セミの抜け殻を家に持ってきていたこと」聞き手「なんで怒られたの?」子「お母さんが虫が大嫌いだから」聞き手「そうなんだね~それで主人公はどうしたの?」子「家出したの」。聞き手「なんで家出をしたんだろう」子「・・・・」。このようにお子さんがつまってしまったら場合一緒に本から内容を探してあげて、聞き手「ここでさ、主人公は『ぼくは悪いことなんかしてない!お母さんは虫が嫌いだからって、ひどい』って言ってるよね? お母さんはその大事な抜け殻を全部捨てちゃったんだね。だから、家出することにしたんだね」というような感じでフォローします。

これくらい聞けたら、一旦文章にしてあげます。

【主人公のぼくは、遊んで家に帰るとお母さんから突然すごく怒られました。理由は、虫の抜け殻を部屋の中にたくさん集めておいていたからです。お母さんは虫が嫌いなので、それを見つけてぼくをおこりました。そして、おこるだけでなく、大切にしている抜け殻を全部捨ててしまいました。ぼくは、大切にしているものを勝手に捨てられたことがいやで、家出をしてしまったんだとおもいます。】

というような感じですね。4年生くらいまでは、ある程度、大人の力でまとめてあげることが必要です。

次回は、書き出しの実例と、本選びについてお伝えします。



【著者プロフィール】桐生 玲子

早稲田大学卒。野球週刊誌編集記者を4年半勤めた後、結婚、三児の子育てをしながらフリーライター歴23年。公立小や塾での勤務経験から「作文の書き方は誰も教えていない」と気づき自ら作文塾を起こす。子どもたちが自分で考えられる頭づくりをする独自のカリキュラムで小学生向けあおぞら作文教室、受験対策個別指導で公立中高一貫適性検査作文対策で白鷗中学など合格実績多数。

Facebook: 塾cafeびーだま! あおぞら作文教室


おすすめの記事

合わせて読みたい

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催