いい女はみんなこれが上手い! アンガーマネジメントって知ってる?

学生の窓口編集部
2015/08/11
学生トレンド
あとで読む


プライベートも仕事もすべて順調にいっている女性にはある共通点があります。それは、「自分の感情と向き合うのがとても上手」ということです。そこで女子大生が将来いい女になるためにオススメなのが「アンガーマネジメント」です。

アンガーマネジメントとは、自分で怒りをコントロールして人生をより豊かにしていく心のスキルです。

今回は感情美人デザイナーでもあり、『欲しい未来が手に入る 怒りのコントロール術「感情美人」になれる7つの扉』(光文社)の著者である柊りおんさんとのお話を通じて感じた、いい女になるためのアンガーマネジメントについて説明していきます。

■いったい誰から「今怒ってちょうだい」と頼まれたのか?

日々生きてきた中で自然と培われてきた価値観が、あなたの反射的な感情に影響を及ぼします。例えば、道ですれ違った人と肩がぶつかったとしましょう。あなたはゆっくり歩いたのに、相手が急ぎ足だったため、勢いよくぶつかってしまった。

本来なら、ただそれだけのことです。でも、多くの方がこの出来事の後に、怒りの感情を付け加えるのではないでしょうか? もしかしたら、相手は人生を揺るがす用事で焦って移動しているのかもしれません。あなただって、余裕がないときはあるでしょう。

出来事にスピーディーに反応し過ぎると、負の感情を相手に返してしまうことは多いものです。でも、あなたは誰からも「今怒ってちょうだい」と頼まれたわけではありません。むしろ、この局面をぐっとこらえて、相手に譲歩できたら、そんな自分の余裕のある一面を褒めるようにしましょう。

こうした作業の一つ一つがいい女への階段になります。なぜなら、怒りをコントロールすることは、どんな環境に置かれても、自分の感情を反射させるのではなく、相手を見ながら、環境に合わせて誰もが幸せになれるような方向へ持っていく作業だからです。

■自分を守っているようなこの被害者意識が、実はとことん苦しめてしまう

相手の幸せな報告を受けた時に、自分の幸せや価値観が揺さぶられてしまうというような女性は少なくないように思えます。自己肯定感が積み上がっていなければ、相手のプラスを自分のマイナスと感じてしまう傾向になるのは仕方ありません。

相手の情報にすらも、自分の被害者意識を植え付けてしまっているのです。この被害者意識をいかに脱していくか、それは自分で自分を積み上げていくだけで、積み上がった後の光景は、「あの頃の自分は何て怒りっぽかったんだろう」とポジティブな変化に気付くはずです。

以上、プライベートも仕事もすべて順調にいっている女性が実践しているアンガーマネジメントについて大まかに述べてきました。

あらゆる出来事にスピーディーに反応することができる時代だからこそ、いったん踏み止まって、心をマネジメントしていく技術が人間として豊かに生きていく力に直結します。

自分で考え相手を豊かにする。自分で考え自分で導いていく。感情に負けずに感情をコントロールし、自分の楽しさの余白をぐっと広げる。そうなれば、どんな男性でも幸せにできますし、より素敵な男性から好かれることになるでしょう。

谷洋二郎

著書『爆笑ピクト-5秒で読めるおもしろ雑貨的イラスト』『アイノコトバ』『確実に稼げるLINEスタンプ 副業入門』。多くの専門家との取材を通し、自己啓発、心理学、恋愛術などの幅広い分野に精通している。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催