マイナビ家庭教師
マイナビが運営する「ハイクラス」学生講師家庭教師サービス

TEL:0120-701-517

受付:月曜~金曜(祝日を除く) 10:00 ~ 18:00※1都3県エリア対象、詳細はお問い合わせ下さい。

サムライ先生の自立勉強法《入門編》「少年よ、勉強を遊べ。」

降旗靖夫
2015/08/05
ニュース
あとで読む

こんにちには、自立教育コンサルタントのサムライ先生こと後閑 治彦です。


今回から新シリーズ「サムライ先生の自立勉強法」がスタートです。初回は具体的な勉強方法の前に、プロフィール写真にも添えている「勉強を遊べ。」に込めた想いを書きます。


■なぜ勉強はつまらないのか?

子供には生まれ持っての知識欲・成長欲求・承認欲求があり、本来であれば進んで勉強する生き物です。それにも関わらず、ここまで勉強嫌いの子供が多いのは、子供が悪いわけでも勉強がつまらないわけでもありません。子供の特性を無視した「日本の学校教育」に無理があるのです。


【勉強がつまらないと感じる主な要因】
・大人に反発したくなる思春期
・視覚的に単調な黒板による板書
・一方的に聞き続けるだけの単調な講義
・座りっぱなしの退屈な授業
・無味乾燥で問題数が多く解説が不親切なワーク
・ただただ丸暗記させられる膨大な知識
・理由もやり方も聞かされないまま「やって当然」という理不尽さ
・周囲と比較されて感じる劣等感
・答えが一つという不自由さ
・ほかの楽しいことを我慢しなくてはいけない強制性

これだけマイナス要素ばかりの行為ですから、進んで勉強する方が偉いですよね。子供は単純で、楽しいと感じることはとことんやります。逆に言えば、どんなに必要性を説いて説得しても、つまらなければやらないのです。それでは「遊び」という活動の特性はどうでしょうか。

■子供は遊びから学ぶ生き物である。
子供たちは遊びや好きなことについては放っておいても進んで調べて覚え、あっという間に大人顔負けのスキルを身に付けてしまいます。これは主に以下のような遊びの特性によるものです。


【子供がハマる遊びの特性】
・正解やルールがなく、自分で選択できる自由な活動
・やりながら試行錯誤を繰り返していく主体的な活動
・自分らしさを表現できる創造的な活動
・経験や体験から気付きや発見が生まれる活動
・適度な負荷があり、自己成長が実感できる活動


こういう行為に子供たちは「ハマる」のです。そして目の前の状況と経験や知識とを照らし合わせながら自ら考え行動し、失敗や創意工夫、試行錯誤を通して実に多くのことを学びます。

■少年よ、勉強を遊べ。
中学生時代の私は「やらなければ」と思っても勉強が手に付かず、成績がどん底でも笑ってごまかすしかありませんでした。それが、高校1年時の英語の先生が教えてくれた勉強方法がキッカケで、「やらされるテスト勉強」ではなく「進んでやる受験勉強」の自由さに、どんな遊びよりも「ハマった」のです。そして東大模試全国40位にまで登りつめ、慶応義塾大学に合格できました。自分の力で、自分の未来を切り拓くことができたのです。

このシリーズでは、私が勉強にハマった勉強方法の一部をご紹介します。《初級編》では「勉強をゲーム感覚で楽しむコツ」、《中級編》では「勉強の本質的な面白さを味わうコツ」、そして《上級編》では「勉強をよりダイナミックに楽しむコツ」を予定しています。このコラムが、子供が勉強をもっと自由に楽しみながら、自分の未来を切り拓いていくキッカケとなることを願っています。



【著者プロフィール】サムライ先生(後閑 治彦)

自立教育コンサルタント。慶應義塾大学理工学部卒業後、個別指導塾を中心に野外教育や社員教育など教育業界10年の経験を経て独立。塾で伸びない子専門のプロ家庭教師「サムライ先生」としても活動。勉強方法の指導を通して子供たちの『自立教育』に努める。

ブログ: http://blog.livedoor.jp/katekyo_zamurai/


おすすめの記事

合わせて読みたい

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催