一人暮らしなら必ずチェックすべき節約テクニック3選! ◯◯費がポイント

学生の窓口編集部
2015/09/01
入学準備・新生活
あとで読む

大学生になって一人暮らしを始め、その開放感からお金を使いすぎてしまっていませんか? 節約は、余裕がない人はもちろん、たとえ困っていないにしても、思わぬ出費のためにも貯金しておくに越したことはありません。何の費用に気をつければ節約しやすいか、その秘訣をご紹介します。

■電気代を効果的に節約

一人暮らしになってみて、光熱費の意外な高さに驚いていませんか? その中でも電気代はガスや水道に比べ、無意識に使ってしまっていることが多いものです。効果的に節約するには、消費電力が多い家電から攻めることが秘訣です。冷蔵庫は365日24時間稼働していて、電気消費量の割合も大きいです。設定温度を上げたり、扉はすぐしめるようにしたり、詰め込み過ぎないことが大事です。冷凍庫は逆に隙間を少なくしましょう。また、冷蔵庫と後ろの壁に隙間を空けるのも効果的です。洗濯機も見落としがちなのですが、結構電気代がかかっています。選択はたまってから洗うようにし、回数を減らしましょう。靴下やパンツなど毎日替えるもの、小さいものはお風呂の時に手洗いしてしまうと簡単です。また1回1回の洗濯での電気代を節約するため、短いコースに設定することも有効です。脱水時間を調節できるものは短く設定しておいて脱水具合を見てから、まだ必要なら足していくとムダな電力消費を防げます。

■毎日の食費を抑える

食事は毎日のことですから、気をつければ出費はかなり大きく変わってきます。食材が安いからといって買いすぎて、結局使い切れず捨てるということのないように、「後で食べるから」と買い置きしておくのは危険な場合があります。日持ちのするものならまだいいのですが、生鮮食料品は特に注意が必要です。冷凍できるものは冷凍してしまうのも一案です。また、卵や豆腐、納豆、もやし、はくさい、キャベツといった安い食材を使って満足できる簡単な料理を覚えておくと節約しやすくなります。いつも同じものでは飽きてしまって料理のモチベーションも下がりますので、レシピのサイトや料理本を眺めて節約料理のレパートリーを広げておくのがおすすめです。

次のページすぐに試せる、効果的な節約テクとは?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催