学業よりバイトを優先?! 大学に潜む「プロバイト学生」の実態「月収30万」「続けるために留年」

編集部:はまみ
2015/07/28
バイト知識
あとで読む

大学に進学すると、どうしてもアルバイトをしてお小遣いを稼ぎたいですよね。いつの間にか大学よりもアルバイトの方を優先して生活してしまっていたということがあった人も多いのではないでしょうか?今回は社会人の皆様に、大学時代のアルバイトについて聞いてみました。まさに「プロバイト」な驚愕のエピソードも多数登場!

■大学時代、アルバイトに情熱を燃やしていましたか?
はい 117人(31.6%)
いいえ 253人(68.4%)

まずは大学時代にアルバイトに情熱を燃やしていた人の割合を調査しました。約1/3の人がバイト三昧の学生生活を送っていたということが分かります。
では、自分も周りも含めて、学生時代の凄まじいバイトエピソードについても聞いてみましたので、ご紹介しましょう。

■大学時代のスゴいバイトエピソードを教えてください
●休む間もなくシフトを入れていた

・学費をすべて自分払っていたので、大学→夕方バイト→夜勤バイト→大学という生活を続けた友人(女性/25歳/金属・鉄鋼・化学)
・学業よりバイトをしている時間が長く、これなら仕事を始めたほうがいいと思った(女性/27歳/自動車関連)
・家庭教師を週7で教えている友人がいた(男性/35歳/通信)
・午前講義→坂道を下って電車に乗ってランチのバイト→電車に乗って坂道を登って講義→ディナーのバイトを繰り返していた(女性/27歳/情報・IT)
・サークル活動のように講義以外はバイトをしていた。楽しかったなあ(女性/28歳/医療・福祉)

授業以外の時間はすべてバイトというツワモノも多いですよね。若いから寝る間を惜しんでバイトしても体力が持つからでしょうね。

●バイトにはまって中退&落第
・バイトのし過ぎで学校に来なくなり中退した友人がいた(女性/29歳/自動車関連)
・バイトに熱中し過ぎて学校を辞めた奴がいた(男性/37歳/情報・IT)
・年間120万円稼いだ友人。そのかわり留年して1年ぶんの150万円余計に学費を支払っていた(男性/36歳/機械・精密機器)
・塾の講師をしていた友人は、テスト期間も講師を続け、自分は単位を落としていた(女性/25歳/医薬品・化粧品)
・ホテルの配膳のバイトがあったが、妙な結束があり、軒並み留年してまでバイトを続ける不思議な集団だった(男性/40歳/学校・教育関連)

バイトにはまって中退したり、留年した人のエピソードも多数寄せられました。親にしてみたら残念な結果ですが、本人にはとても熱中できるサークル活動のようなものなのかもしれませんね。

●スゴイ金額を稼いだ
・正社員の人と変わらないくらい稼いでいた(男性/30歳/機械・精密機器)
・社会人並にバイト代を稼いでいる友人がいた(男性/32歳/電機)
・学習塾で月30万円以上稼いでいる同窓がいたのを覚えている(男性/35歳/情報・IT)
・ラーメン屋で月20万円。相当な時間バイトしていたんだなと今になって思います(女性/40歳/学校・教育関連)
・卒業時にスゴイ金額の貯金を成し遂げていた友人がいた(男性/37歳/人材派遣・人材紹介)

めちゃくちゃバイトしたら、その分バイト代は増えていきますからね。特に学習塾でのスゴイ金額を稼いだというエピソードはたくさん寄せられました。大学生ならではのバイトでもありますからね。

次のページバイトが本業になっちゃった?!

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催