「あぶさん」「ちびまる子ちゃん」フィクションだけど、実在の有名人物が登場する漫画・アニメたち

学生の窓口編集部
2015/07/27
学生トレンド
あとで読む


歴史モノのアニメや漫画には「実在する人物」が数多く登場しますが、史実をなぞらないフィクション作品でも、実在の人物が登場することがありますよね。例えば野球漫画の金字塔ともいえる『巨人の星』には、当時現役だった王貞治さんや長嶋茂雄さん、野村克也さんなど実在の人物が登場していました。今回は、こうした実在の有名人が登場していた漫画・アニメのフィクション作品を紹介します。

■スポーツ系は実在の人物が登場しやすい!

●『あぶさん』作:水島新司

『巨人の星』の他に、実在の野球選手が多数登場する野球漫画といえば、水島新司先生の『あぶさん』でしょう。主人公のあぶさんこと景浦安武が37年も現役を続けた影響もあり、1970年代から2000年代までの数多くの実在選手が登場しました。古くは野村克也さんや王貞治さんなどが何度も登場。新しいところでは日本ハムの大谷翔平選手が登場していました。

●『タイガーマスク』原作:梶原一騎 作画:辻なおき

1960年代後半から1970年代の初めにかけて漫画が連載、そしてアニメが放送され、プロレスブームをけん引した『タイガーマスク』。この作品にも数多くの実在プロレスラーが登場しています。当時プロレス界のスーパースターだったジャイアント馬場さんや、若手エースとして活躍していたアントニオ猪木さん、他にもさまざまな外国人選手も登場しました。特にアントニオ猪木さんはタイガーマスクと何度もタッグを組んでいました。

●『ジパング』作:かわぐちかいじ

海上自衛隊のイージス艦が、第二次世界大戦時にタイムスリップするというストーリーの『ジパング』。イージス艦の名前や主人公たちの設定はフィクションですが、過去にタイムスリップするため、第二次世界大戦時に実在した人物が多数登場します。例えば大日本帝国海軍の大将だった山本五十六、大戦中に総理大臣や海軍大臣を務めた米内光政などが登場しています。

次のページるろ剣も実在者が多数出てくる!?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催