「あぶさん」「ちびまる子ちゃん」フィクションだけど、実在の有名人物が登場する漫画・アニメたち 2ページ目

学生の窓口編集部
2015/07/27
学生トレンド
あとで読む

●『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』作:和月伸宏

アニメだけでなく、実写映画化もされた『るろ剣』ですが、この作品にも幕末から明治の時代に生きた実在の人物が数多く登場しています。主要な登場人物の中では、まずは新選組三番隊組長だった斎藤一。史実と同じく警察官として登場しますが、作中では政府の密偵としても行動しました。他にも明治維新の立役者でもある大久保利通や、内閣総理大臣にもなった山県有朋など偉人も登場しています。

●『ちびまる子ちゃん』作:さくらももこ

『ちびまる子ちゃん』のアニメ特別版などには、ビートたけしさんや長嶋茂雄さんといった有名人が本人役としてゲスト出演されていたりします。他にも、「実はこんな実在の人物が出ている!」というのもあります。それが元サッカー選手で、現在はガンバ大阪の監督を務める長谷川健太さん。作中ではまるちゃんのクラスメートのケンタ君として登場しています。漫画版でも遅くまでサッカーの練習に明け暮れる描写がありました。

●『サザエさん』作:長谷川町子

国民的アニメの『サザエさん』。アニメ版にはさまざまな有名人がゲストとして出演しています。例えば「サザエさん1900回記念」ではトリノオリンピックで金メダルを獲得したスケートの荒川静香さんが登場しました。他にも『27時間テレビ』の放送時には、27時間テレビの司会を務めるタレントがゲストとして登場することもあります。このケースでは明石家さんまさんが登場したこともありましたね。

●『ファンタジスタ ステラ』作:草場道輝

2012年から週刊少年サンデーで連載されている『ファンタジスタ ステラ』。人気サッカー漫画『ファンタジスタ』の続編です。この作品の特徴の一つが、現在イタリアのACミランで活躍する本田圭佑選手が、「もう一人の主人公」として登場していることです。これは本田選手と作者との対談がきっかけで実現したもので、作中にも本田選手の哲学が随所にちりばめられているそうです。

●『こちら葛飾区亀有公園前派出所』作:秋本治

1976年から約40年連載している超長寿漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。通称「こち亀」。実は実在の人物も数多く登場しています。例えばコミックスの100巻以降では、音楽プロデューサーの小室哲哉さんが登場。主人公の両さんが所属する葛飾署のイメージソングを作りました。他にもPUFFYの二人も登場しており、特に大貫亜美さんは主要人物の一人、中川さんと世界一周デートをしました。

実在の人物が登場する漫画やアニメとして、今回はこの8作品をピックアップしました。こうした作品は架空の人物と実在の人物との掛け合いも面白かったりしますよね。

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催