マイナビ家庭教師
マイナビが運営する「ハイクラス」学生講師家庭教師サービス

TEL:0120-701-517

受付:月曜~金曜(祝日を除く) 10:00 ~ 18:00※1都3県エリア対象、詳細はお問い合わせ下さい。

サムライ先生の中学生からの自立教育(6)「自立の原動力となる《3つの信頼》」

降旗靖夫
2015/07/29
ニュース
あとで読む

こんにちは、自立教育コンサルタントのサムライ先生こと後閑治彦です。

今回は5回にわたってご紹介してきた自立教育論のまとめと補足になります。

ニートやフリーター、大学の中退者や新規学卒就職者の早期離職の増加により、およそ2人に1人が社会人デビューにつまずくと言われる現代。つまずいてしまった時に「ひきこもり」や自殺のように自ら将来の可能性を閉ざしてしまうことなく、立ち直って次へチャレンジできるかどうかは『若者が自立できるかどうか』に懸っています。そこで当コラムでは家庭でのコミュニケーションを通して「生活的自立」「社会的自立」「精神的自立」の《3つの自立》に導く方法をご紹介してきました。

■自立の原動力となる《3つの信頼》

そして《3つの自立》の原動力となるのが「親からの信頼・自分への信頼・他者への信頼」という《3つの信頼》です。 親からの信頼がお子様に行動の変化を起こす勇気を与えます。失敗しても期待通りでなくても揺るがない親の愛情がさらなる行動を後押しし、次第に子供の中で自分自身への信頼が高まります。自分に自信のない人間は卑屈になり、素直に他者を信頼できませんが、自分自身を信頼できるようになると、他者を心から信頼できるようになります。他者を信頼できる人間は、人に貢献したいという想いで行動できます。人のために行動している人間の心はなかなか折れません。

■子供の自立のための勇気付け

では、親からの愛情や信頼を子供にどのように伝えれば良いのでしょうか?子育てに一生懸命なお母様ほど、愛情が過保護に、信頼が放任になってしまい、その狭間で悩んでしまいます。そんな時は以下の方法を参考にしてみてください。

【子供の自立のための勇気付け

0.親自身が完璧でない自分を許す
1.期待を手放し、どんな子供でも受け入れる
2.子供を一人前として認める
3.やって見せる
4.一緒に楽しむ
5.信頼して任せる
6.見守り、観察する
7.興味・関心を持って質問する
8.行動の変化を認めて褒める


以上の接し方を通して、子供の個性や成長を楽しむくらいの余裕が持てると良いですね。ちなみに親だけではなく我々教育者の一番の仕事も、この勇気付けにあります。

ということで、今回を含め6回にわたり自立教育論を述べてきました。この【自立】こそ、継続的な「やる気」の源泉です。そして次回からは「やり方」に関するお話。私が「勉強を遊べ」の言葉に込めた想い、「勉強を遊ぶ」ための具体的なノウハウをご紹介します。

ご期待ください。



【著者プロフィール】サムライ先生(後閑 治彦)

自立教育コンサルタント。慶應義塾大学理工学部卒業後、個別指導塾を中心に野外教育や社員教育など教育業界10年の経験を経て独立。塾で伸びない子専門のプロ家庭教師「サムライ先生」としても活動。勉強方法の指導を通して子供たちの『自立教育』に努める。

ブログ: http://blog.livedoor.jp/katekyo_zamurai/


おすすめの記事

合わせて読みたい

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催