就活前に知っておきたい! インターンに参加したら聞いておきたい質問15選

編集部:YU
2019/07/04
インターン
あとで読む
就活前に知っておきたい! インターンに参加したら聞いておきたい質問15選

職場の雰囲気を体験しながら、働いている方たちの生の声を聞けるのは、インターンに参加する大きなメリット。今後の企業選びの参考になるだけでなく、企業理解を深めることもできます。せっかくの貴重な機会を、実になる場とするために、今回はインターン参加時に聞いておきたい質問例をご紹介します。

インターン参加時に聞いておきたい質問【事業・仕事内容編】

1「どのような事業を行っているのでしょうか」
2「具体的な業務内容を教えてください」
3「新入社員はどういった仕事からスタートしますか」
4「一日の仕事の流れを教えてください」
5「仕事にやりがいを感じるのはどんなときですか」

事業や業務内容に関しては、説明会や企業のホームページだけでは理解しきれない部分もあるでしょう。その点、インターンでは職場体験をしながら話を聞けるので、より深く理解できます。インターンの際は、実際に自分が入社したことを想定して、新入社員はどのような仕事からスタートするのか、どんなスケジュールで一日を過ごすのか、といった質問をするのもいいでしょう。
事前に働くイメージを持つことで、入社後のギャップを減らせます。

インターン参加時に聞いておきたい質問【社風・職場の雰囲気編】

1「職場の風通しはよいですか」
2「飲み会やランチ会はよくありますか」
3「入社前とのギャップはありますか」
4「上司や先輩との関係はどうですか」
5「この会社で働いていてよかったと思うのはどんなときですか」

どのような職場が合うのかは、人によって異なります。周囲を観察しながら、気になることがあれば、社員の方の意見を聞いてみましょう。さらに答えてもらった内容を、インターン中に自分の目で確かめることで、把握しきれなかった部分や、その企業の風土を感じることができます。

社員の方たちの人間関係や社風を知ることで、自分に合った職場かどうかを見極めることも、就活では大事なことです。

インターン参加時に聞いておきたい質問【福利厚生・環境編】

1「有給休暇は取得しやすいですか」
2「産後に復職した女性はいますか」
3「福利厚生で好印象を抱いたことはありますか」
4「資格取得のための援助制度はありますか」
5「スキルアップしたなと思うのはどんなときですか」

福利厚生が充実していても、実際に使っている人が少なかったり、使いにくいような雰囲気であれば意味がありません。インターン参加時に、社員の方に実情を聞き、どのように活用されているのか、確認してみましょう。産休や育休についても同様です。

また、入社後のスキルアップは、社会人にとって重要です。実務を通しての経験の他に、資格取得などを支援する会社もあります。インターン中はそういったリアルな質問もできるチャンスですので、気になる方はぜひ確認してみましょう。

インターンでの質問時の注意点

インターンを通じて職場を体験することで、疑問に思うことがたくさん出てくるかもしれません。しかし質問をする際は、失礼のないように気を付けましょう。

たとえば、企業のホームページや、企業案内に載っている内容を重複して尋ねると、「本当に興味があるのかな」と思われてしまい、心象を損ないかねません。

また、質問するタイミングにも注意しましょう。ランチのタイミングや、休憩時間中など、社員の方が忙しくない時間帯を選ぶように心がけましょう。

まとめ

インターンは、職場体験をするだけでなく、実際に働いている社員の方から、さまざまな情報が得られる場でもあります。あらかじめ自分が聞きたい質問を想定しておくことで、参加意欲も上がるのではないでしょうか。事前準備を怠らず、実のあるインターン生活を送りましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催