あのときに戻りたい! ぼくのなつやすみ傑作選「カブトムシ取り」「学校で肝だめし」 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

■冒険にチャレンジ!

・「夜の学校で、肝だめしからの屋上で天体観測。楽しかった」(女性/25歳/情報・IT)

・「遠くの公園まで自転車で行ったこと。普段行かないところまで行って、冒険気分を味わった」(男性/33歳/学校・教育関連)

・「友だちとの山遊び。いろんな発見やハプニングがあって刺激的な体験ができた」(男性/33歳/機械・精密機器)

日ごろできないことにチャレンジしてみる。それも夏休みの醍醐味でした。

■ちょっとしたことが最高の思い出に

・「山の中にキャンプに行って、『スイカ割りをやろう!』ってスイカを買っておいたんだけど、目を離した隙に坂道を転がっていって割れてしまった」(男性/32歳/小売店)

・「旅行先で花火をしていたときに、叔父が迷子になってみんなで探したこと。叔父は私とかくれんぼをしていたつもりで、ずっと隠れていたことがわかり、みんなで大爆笑した」(女性/30歳/機械・精密機器)

・「夏休みのラジオ体操の帰り、ホームランバーがずっと当たりだった」(男性/46歳/電機)

ハプニングやうれしい出来事など、たとえ些細なことでも貴重な「ぼくのなつやすみ」ですね。

■グルメな夏!

・「川沿いの鮎のお店に鮎料理を食べに行ったこと。お店の横に川で実際に鮎を捕まえるしかけがあって、そこで水遊びもできて楽しかった」(女性/24歳/学校・教育関連)

・「毎日料理を作ってレシピ本を作った」(女性/31歳/金融・証券)

子どものころに食べて感動した味は、特別なもの。大人になっておいしいものをたくさん食べても、その味は忘れません。

こうしていろんな「ぼくのなつやすみ」を見てみると、自分の思い出もよみがえってきました。子どもだったからこそ、経験できたあの夏。もう戻ることはできませんが、その思い出は一生の宝物ですね。

文・OFFICE-SANGA 森川ほしの

調査時期:2015年7月

アンケート:フレッシャーズ調べ

集計対象数:社会人379人(インターネットログイン式アンケート)

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催