どこが分かれ目? 知り合いと友だちの境界線「一緒にカラオケ行けるかどうか」「友だちはお金を貸せる」

学生の窓口編集部
2015/07/21
学生トレンド
あとで読む


自分の交遊関係を想い浮かべてみたとき、知り合いと友だちをすぐにわけられるはず。でも、友達だって最初は知り合いだったわけですよね。知り合いと友だちの境界線はどこにあるのでしょうか? 読者に聞いてみました。

■気を使わない間柄

・「急に暇になった時に遊びに誘えるかどうか。知り合いレベルだと気軽には誘えないから」(男性/30歳/機械・精密機器)

前もって約束してなくても、「これから会おうよ」と言える。そんな関係になれたら友達かもしれません。

■誰かに相談したいけど

・「自分の悩みなどを打ち明けたかどうか。友だちじゃないと自分のことを話さないから」(女性/27歳/電機)

この人に相談してみようかな。そんな風に思えたら、もうただの知り合いじゃない!?

■一緒に歌おう

・「一緒にカラオケに行けるかどうか。仲がいい人じゃないとカラオケを一緒に行かないと思うから」(男性/27歳/情報・IT)

あまり親しくない人とカラオケに行くのは抵抗がありますよね。カッコつけないでつき合えるのが「友だち」の証拠かも。

■困ったときには……

・「頼み事をできるかどうか。知り合いだったら何となく頼みづらい」(女性/34歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

たとえば職場で誰かに何かを頼みたいとき、パッと頭に浮かんだ相手はもう友だち!?

次のページ友だち=恋バナできる!?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催