恐るべし都市伝説! ネットのない時代に全国に拡散した噂「口裂け女伝説」「トイレの花子さん」

学生の窓口編集部
2015/07/21
学生トレンド
あとで読む


今ではちょっとしたことでもインターネットによって簡単に広まってしまいます。特に悪い噂なんかは、それっぽく書いてあるだけでどんどん拡散されてしまうものです。しかし、ネットのない時代にも、全国区の噂がありましたよね。そこで今回は、クチコミによって全国に拡散した昔の噂を読者に聞いてみました。

■時代を感じる?

・「口裂け女伝説。ポマードと唱えると逃げていく」(女性/28歳/商社・卸)

・「口裂け女。もし会ってしまったら『ポマード』と10回言うと逃げる」(女性/44歳/食品・飲料)

昭和50年代の前半くらいに、特に小学生の間で流行しました。誰も見たことがないのに、口裂け女の存在を知らない子どもはほとんどいなかったのでは?

■目撃証言がたくさん!?

・「エルビスプレスーがまだ生きているという説」(男性/32歳/電機)

キング・オブ・ロックンロールと言われたエルビスプレスリー。栄光からの突然の死を、ファンは受け入れられないのかもしれません。

■高給らしいですが……

・「死体洗いのバイト」(男性/35歳/団体・公益法人・官公庁)

医大の解剖実験用に遺体をたくさん沈めたプールがあって、そこのバイトは高額だという噂。大江健三郎さんの小説『死者の奢り』が起源だという説もあります。

■専門の清潔な道具であけましょう

・「耳たぶから白い糸が出てひっぱたら失明する」(女性/32歳/その他)

・「『ピアスの穴を自分で開けて、穴から白い糸のようなものが出て来ると、それを引っ張ったら失明する』というもの」(男性/35歳/金属・鉄鋼・化学)

そもそも視神経は脳に直接つながっていますから、わざわざ耳たぶを経由しているはずがないのに……。子どもにピアスの穴をあけさせないために作られた噂なのかも?

次のページ人面犬、人面魚はほんとにいた!?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催