海外でスマホを使ったら大金の請求が……これって逃れる方法はあるの? 弁護士に聞いてみた。 3ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

――弁護士さんから何かアドバイスがあればお願いします。

正木弁護士 携帯電話の高額請求については、消費生活センターへの相談も多く、厚生労働省も注意を促してきました。特に海外旅行では、きちんと対策をせずに数十万円の請求が来たり、海外で盗難に遭い、対応が遅れたために数百万円の請求が来たりしたケースもあります。

高額な携帯代を払わなければいけない状況にならないように、特に海外旅行に行くときは、

●事前に電話代、通信代がいくらになるのかということ

●海外ローミングが使える携帯かどうか

を確認し、飛行機で携帯の電源を切る前に、携帯電話の設定をどのようにしておかなければいけないのかを知っておくことがとても重要です。

携帯を海外で使わないのであれば、

●携帯電話を持っていかない

●海外ローミングサービスを付けない

など、根本的な対策も大切です。また、海外で万一盗難に遭ったときは、悪用される可能性が高いので、至急携帯を止める手続きをしましょう。

国内であっても、一定料金以上使用したときは通知が来るサービスを使用したり、自分の使用料をその都度チェックしておくことも大切です。

――ありがとうございました。

海外でもスマホが使用できることは便利ですが、料金については十分気を付けておかないといけませんね!

⇒アディーレ法律事務所

http://www.adire.jp/

(高橋モータース@dcp)

1 3

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催