納得できない! 理不尽な部活内のローカルルール「炭酸抜きコーラを飲む」「厳しすぎる挨拶」 2ページ目

学生の窓口編集部
2015/07/10
学生トレンド
あとで読む

■挨拶が重荷に……

・「先輩を見かけたら見えなくなるまで頭を下げていなければいけない」(男性/39歳/情報・IT)

・「先輩をみつけたら目の前にダッシュで行ってあいさつ」(女性/27歳/医療・福祉)

・「野球部だったが、学校内で先輩とすれ違うときに、立ち止まって大声で挨拶しなければならなかった」(男性/27歳/情報・IT)

厳しい部活ではありがちなエピソード……。見えなくなるまで頭を下げなければいけないのは、なかなか大変だったことでしょう。当時は、挨拶が煩わしくなるときもあったかもしれないけど、おかげで大人になってもキチンとした挨拶が染み付いていそうです。

■すべては部活のため!?

・「必ず髪型は坊主にしなければ行けなかった」(男性/28歳/医療・福祉)

・「個人的な習い事よりも、学校の部活動の方が優先されること。プライベートの習い事で部活動を休むときは、必ず毎回申請書を出さないと休ませてくれなかった」(女性/28歳/機械・精密機器)

・「恋愛禁止」(男性/25歳/団体・公益法人)

強い部活動では「恋愛禁止」というルールをよく耳にしますね。きっと思春期のころは、部活も恋愛もうまく両立して、心のバランスを保つことが難しかったのかも。部活動で才能を発揮してほしいと思う、顧問からの親心もあったのではないでしょうか。

■もはや意味不明……

・「日陰に入ったらだめと言われて、試合に出ずコートの端にいると、ずっと日なたに移動しなければならなかった」(女性/29歳/団体・公益法人・官公庁)

・「中学のサッカー部で、シュート練習の時に、ゴール裏のプールに入れることが評価になっていたこと」(男性/50歳以上/その他)

・「先輩が話しているときは爪先立ち」(女性/28歳/食品・飲料)

ずっと日向にいるなんて、真夏だったら倒れてしまいそう! 日陰にいると気がゆるみ、たるんでしまうという理由からでしょうか? つま先立ちで先輩の話を聞くのはなぜ? 「緊張感をもて!」ということかもしれないけど、足がプルプル震えて、話どころではないですよね……。

第三者からしてみると、「え、なにそれ?」と笑えそうですが、当事者にとってはウンザリするルールばかり。本当に何のためにあったのか……。これらの理不尽と闘った経験が、いまの忍耐力の礎になったことでしょう。

文・OFFICE-SANGA 藤平真由美

調査時期:2015年6月

アンケート:フレッシャーズ調べ

集計対象数:社会人429人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催