MARCH(マーチ)とはどういう意味? それぞれの大学の特徴や偏差値も紹介

学生の窓口編集部MI
2018/05/17
学生トレンド
あとで読む

「マーチ」」(MARCH)とは、関東地方にキャンパスを構える私立大学5校、『明治大学』(M)『青山学院大学』(A)『立教大学』(R)『中央大学』(C)『法政大学』(H)の頭文字で構成された用語です。マーチはいずれも東京にキャンパスがあり、歴史が長く、ブランド力の高い私立総合大学として、全国的に知名度もあり、入試難易度では、首都圏において、早稲田・慶応、上智などに次ぐ難関大学グループとされています。同じく東京にある有名私立大学の学習院大学(G)を含めて、最近では「ジーマーチ」(GMARC)と呼ばれることも増えています。今回はこの「マーチ」(MARCH)5大学について、以下にまとめてみました。

MARCH(マーチ)とはどういう意味? それぞれの大学の特徴や偏差値も紹介

▼こちらもチェック!
「関関同立(KKDR)」とはどういう意味? 知名度や人気は?

M 『明治大学』

「マーチ」(MARCH)の「M」は明治大学です。東京都千代田区の「駿河台(するがだい)キャンパス」を中心に、全部で四つのキャンパス(残りは「和泉キャンパス(東京都杉並区)」「生田キャンパス(神奈川県川崎市)」「中野キャンパス(東京都中野区)」)を展開しています。明治大学は「東京六大学(『明治大学』『東京大学』『早稲田大学』『慶應義塾大学』『法政大学』『立教大学』)」と呼ばれるグループにも加えられており、こちらのほうが有名かもしれませんね。ラグビーなどのスポーツの活躍が印象的ですが、スポーツに関する学部はありません。

2017年における明治大学の主な学部の偏差値は以下のとおりです。

・文学部:57.5-62.5
・国際日本学部:60.0-62.5
・法学部:60.0-62.5
・政治経済学部:60.0-65.0
・経営学部:57.5-62.5
・商学部:62.5
・理工学部:55.0-60.0
・総合数理学部:55.0-60.0
・農学部:57.5-62.5
・情報コミュニケーション学部:60.0-62.5

A 『青山学院大学』

「マーチ」(MARCH)の「A」は青山学院大学です。メインキャンパスの「青山キャンパス」の所在地は渋谷区。一般に「青山」と呼ばれる地域は、実は隣の港区にあります。青山キャンパスの他には神奈川県の「相模原キャンパス」があります。最近は「箱根駅伝」での活躍が目立っていますね。青学といえばおしゃれでザ・都会の私立大学というイメージが強いかもしれません。大学のミスコンも有名ですよね。

2017年における青山学院大学の主な学部の偏差値は以下のとおりです。

・文学部:55.0-67.5
・教育人間科学部:60.0-62.5
・総合文化政策学部:62.5
・地球社会共生学部:57.5-60.0
・国際政治経済学部:62.5-65.0
・法学部:60.0
・経済学部:57.5-62.5
・経営学部:55.0-62.5
・理工学部:52.5-60.0
・社会情報学部:55.0-60.0

R 『立教大学』

「マーチ」(MARCH)の「R」は立教大学です。東京都豊島区の「池袋キャンパス」の他、埼玉県には「新座キャンパス」「富士見総合グラウンド」を有しています。明治大学と同様に「東京六大学」にも名を連ねています。学年や学部に関係なく授業を取れる「全学共通カリキュラム」が特徴的です。
池袋という立地ながら、格式高い雰囲気の蔦の絡まる校舎と学食が有名ですね。

2017年における立教大学の主な学部の偏差値は以下のとおりです。

・文学部:55.0-62.5
・現代心理学部:57.5-62.5
・異文化コミュニケーション学部:62.5-65.0
・社会学部:60.0-65.0
・コミュニティ福祉学部:52.5-60.0
・観光学部:60.0
・法学部:57.5-62.5
・経済学部:60.0-62.5
・経営学部:60.0-65.0
・理学部:55.0-60.0

C 『中央大学』

「マーチ」(MARCH)の「C」は中央大学です。メインキャンパスは東京都八王子市の「多摩キャンパス」で、その他三つのキャンパス「後楽園キャンパス(東京都文京区)」「市ケ谷キャンパス(東京都新宿区)」「市ケ谷田町キャンパス(東京都新宿区)」を展開しています。もとは法律学校だったこともあり、司法試験には毎年多くの合格者を出しています。この実績は、全体的な学力では中央大学よりも上位にランク付けされる大学に引けを取るものではありません。

2017年における中央大学の主な学部の偏差値は以下のとおりです。

・文学部:52.5-57.5
・法学部:57.5-65.0
・総合政策学部:57.5-60.0
・経済学部:55.0-60.0
・商学部(フレックス):55.0-57.5
・理工学部:52.5-57.5

H 『法政大学』

「マーチ」(MARCH)の「H」は法政大学です。メインキャンパスは東京都千代田区の「市ケ谷キャンパス」で、その他に「多摩キャンパス(東京都町田市)」「小金井キャンパス(東京都小金井市)」の二つのキャンパスを展開しています。「東京六大学」の一つでもあり、全国的にも有名です。法政大学には15もの学部があり、学生の幅広いニーズに応えるものとなっています。

2017年における法政大学の主な学部の偏差値は以下のとおりです。

・文学部:57.5-65.0
・国際文化学部:60.0-65.0
・グローバル教養学部:62.5-65.0
・社会学部:55.0-60.0
・現代福祉学部:57.5
・法学部:60.0-62.5
・経済学部:55.0-57.5
・経営学部:57.5-60.0
・理工学部:52.5-55.0
・生命科学部:55.0-60.0
・デザイン工学部:52.5-57.5
・スポーツ健康学部:57.5-60.0
・キャリアデザイン学部:57.5-60.0
・情報科学部:52.5
・人間環境学部:57.5-60.0

「ジーマーチ」(GMARCH)とは?

「ジーマーチ」(GMARCH)とは、「マーチ」(MARCH)5校に『学習院大学』を加えた6校のことを呼ぶ呼称です。そこで学習院大学についてもご紹介します。

G 『学習院大学』

学習院大学のキャンパスはJR目白駅のすぐ近くにある「目白キャンパス(東京都豊島区)」一つのみです。江戸時代末期に京都で開校した学習所を起源とする、歴史のある大学です。皇族・華族(1947年まで存在した、近代日本における貴族階級)の教育機関として開校されたこともあり、皇族の人が現在も学習院に通っているのは有名ですね。

2017年における学習院大学の主な学部の偏差値は以下のとおりです。

・文学部:55.0-57.5
・国際社会科学部:57.5
・法学部:57.5
・経済学部:57.5
・理学部:52.5-55.0

「マーチ」(MARCH)あるいは「ジーマーチ」(GMARCH)とは、関東地方の私立大学5(あるいは6)校をまとめた呼称です。学力のレベルが近い大学の集まりかというとそうではなく、比較的入りやすい学部・学科から難関と呼べるレベルの学部・学科までさまざまです。「関東地方の有名な私立大学」という一般知識として覚えておきましょう。

※偏差値は2018年4月現在のデータに基づきます。

▼マーチ(MARCH)に関する記事はこちらも

MARCHの中で一番親しみやすい大学ランキング! 3位中央、2位青学……。
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/18587

「MARCH」のなかで一番オシャレだと思う大学は? 3位立教、2位明治
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/15682

3位明治、2位法政……一番マジメな人が多そうな「MARCH」の大学は?
https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/15684

⇒データ引用元:『マイナビ進学』
https://shingaku.mynavi.jp/kanto/

(藤野晶@dcp)

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催