「クレオパトラ」「天国の門」予算を掛けまくって大失敗した映画5選

学生の窓口編集部
2015/07/06
学生トレンド
あとで読む


誰もが「一度は映画をつくってみたいなあ」と思うのではないでしょうか。ところが、映画製作とは難しいもので、ヒット作というのはそうそうできるものじゃありません。お金がないとできませんが、お金を掛ければヒット作になるわけではないのです。今回は、お金を掛けたんだけど……という映画をご紹介します。

■映画史に残る大失敗! 『クレオパトラ』

エリザベス・テイラー主演の史劇大作として企画された『クレオパトラ』。今見てもちっとも面白くない大味大作ですが、これぞ映画ファンなら誰もが知っている大ずっこけ映画なのです。ロンドンにセットを組むぞ! と造り始めたら、「ここには入んないや!」でやり直し、など信じられないような失敗を重ねます。

また、脚本がずーっとできなかった、エリザベス・テイラーが恋愛で撮影に来ない、などなどずっこけの連続で、投じたお金はなんと3,111万ドル! 信じられないかもしれませんが、最初の企画段階では予算は「300万ドル」だったのです。

それでも映画が当たれば良かったのですが、興行収入は散々で、製作の20世紀フォックスは製作費の半分ほどしか回収できませんでした。この映画のせいで20世紀フォックスは倒産しそうになったのです。

■シュワルツェネッガーなんですが…… 『ラスト・アクション・ヒーロー』

アーノルド・シュワルツェネッガーといえばカリフォルニア州知事を務める前には、当代一のアクションスターでした。そのキャリアの絶頂期に企画・製作されたのがこの映画です。主演が主演なので破格の予算が組まれました。

突っ込んだ予算はなんと8,500万ドル! NASAの無人ロケットの枠を買って(50万ドルを掛けたといわれます)そこに宣伝を打って打ち上げるなど、ド派手なプロモーションも行いました。でも……ものすごい空振りだったのです(笑)!

■橋を造ればいいじゃない! 『ポンヌフの恋人』

よせばいいのにセットを造って大失敗というのは映画製作でありがちなことですが、この恋愛映画もそのパターンにハマった作品です。そもそもちょっと小粋な恋愛ものという企画だったのですが、舞台となるフランスの「ポンヌフ橋」で撮影ができませんでした(撮影許可の期間が切れちゃったのです)。

どうしたかというと、ポンヌフ橋の4/5スケールの橋を3年間かけて造って撮影したのです。この無駄な製作費のおかげで予算が大幅に拡大し、大変なことになりました(笑)。身の丈に合った製作をしましょう! という教訓を今に残しています。

次のページ機関車を持ってこい!? 世紀に残る大失敗作

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催