「仕事を体験」「社員と話せる」「就活の練習に」 インターンシップ参加のメリットとは?

学生の窓口編集部
2015/06/30
インターン
あとで読む

学生が一定の期間、企業で研修生として実際に働き、就業体験をする「インターンシップ」制度。特に今年から採用する企業が多くなり、就活の前哨戦として参加する学生も増えています。ところで、インターンシップに参加すると就活が有利になるという噂もありますが、本当でしょうか? 実際にはどんなメリットがあるのでしょう? 知っておきたいインターンシップの基礎知識を、キャリアカウンセラーの水野順子さんに聞きました。


インターンシップは、学生に企業を知るための場を提供する目的で行われるもので、基本的には選考と切り離されています。ただ参加すれば当然「この学生は我が社に興味がある」と見られますし、魅力的な学生には後に企業側からアプローチがあることも。本番の就活でも、書類選考などの段階を有利に進められる場合があります。
さらにそれ以外にも、就活を始めるにあたって役立つ多くのメリットがあるのです。

●現場を見ることで業界研究や企業研究が深まります。今まで興味のなかった業界にも新しい発見があり、視野が広がるかもしれません。
●リアルな仕事の現場を体験することで、働くことに対するモチベーションやイメージを明確にすることができます。
●社員と実際に会って交流できるのは、貴重な体験。若い社員には、就活を乗り越えた先輩として近い目線に立って選考に関するアドバイスをもらえることもよいですね。
●同じ業界を志望する学生と知り合うことができれば、お互いに励まし合い、情報交換もできるようになります。
●インターンに参加するための選考で面接やグループディスカッションなどを体験できることも多いので、就活の予行練習になります。
●インターンシップに参加して企業の所在地やビルのレイアウトを知っておくだけでも、本番の選考で落ち着けるものです。

一口にインターンシップといっても、本格的な研修タイプからイベント的なものまでさまざま。日程が許す限り最初から業界を絞りすぎず、幅広く見ていくのもいいことです。もし結果的に「本命の再確認」になったとしても、自分なりに納得して就活を進められるからです。
あらゆる企業にとって学生はウェルカムな存在。怖がらず、積極的にインターンシップを利用してください!

文●鈴木 恵美子

■水野順子さん プロフィール
キャリアカウンセラー、ビジネスメンタルトレーナー。CareerCollection代表。官公庁、外資系企業、国内企業という異なる職場での勤務経験を活かし、女性や若者を対象としたキャリアカウンセリングを実施。ストレスケアや人間関係の築き方から、ライフプランまでを含めたキャリアライフ支援を行っている。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催