​「間違えてワイパー」「マニュアル車が乗れない」……久しぶりの運転でつい起こしがちなこと5選

学生の窓口編集部
2015/06/30
資格
あとで読む

毎日の通勤に自動車を使うため運転に慣れている人もいますが、最近ではカーシェアリングなどのシステムも普及のため、あまり自動車を運転しないという人も多いのではないでしょうか? 今回はそんな久しぶりに自動車を運転したときに感じた不安や、つい起こしてしまった行動を社会人の男女に聞いてみました。みなさんは大丈夫でしょうか……?


Q. 久しぶりに自動車を運転した時に感じる不安や、つい起こしてしまう行動を教えてください。

■間違えてしまってあたふた

・うっかりブレーキとアクセルを踏み間違えた。幸い事故につながらなくてよかったけど(女性/25歳/団体・公益法人・官公庁)

・車線変更するときにウインカーを出そうとしたら、間違えてワイパーを出してしまった(男性/24歳/機械・精密機器)

車種によっても微妙にスイッチやペダルの位置が違っていたりするので、戸惑う人もいるでしょう。特にブレーキとアクセルの踏み間違いは大きな事故につながる可能性があります。乗車前にしっかりと確認しましょう。

■こんなに運転下手だったっけ?

・バック駐車がうまくできない(男性/23歳/機械・精密機器)

・クラッチ操作がうまくできずにエンストをおこしてしまった(女性/37歳/その他)

以前はうまくできたけど久しぶりに運転したら失敗してしまったという事例は多くあります。運転は経験がものを言う場合もあります。油断せずにいつでも初心を忘れずに運転することが大切です。

■タイミングがつかめない

・周りの流れがうまくつかめず事故に遭いそうになった(男性/23歳/団体・公益法人・官公庁)

・黄色信号のときに間に合うタイミングなのかそうでないタイミングかがわからなくなって……急にスピードを上げたり落としたり、不自然な速度になってしまった(女性/34歳/金属・鉄鋼・化学)

車の運転には周囲との調和が必要なときがあります。スムーズに流れに乗れないと、思わぬ事故を起こしてしまうことも。特に本線への合流などは慣れが重要になってきます。

■海外経験者の落とし穴

・アメリカに住んでいたことがあるので、ワイパーとウインカーがわからなくなる。アメリカで運転したとき余裕で反対車線に入ってしまった(男性/35歳/通信)

・ウインカーが国産車と外国車で逆だってことを忘れて変なことしたことがある(女性/29歳/金属・鉄鋼・化学)

アメリカの道路と日本の道路では、道幅も車線も違うところが多くあるため、頭でわかっていても思う通りにはなかなか運転できません。一度慣れてしまった習慣を変えるには、かなりの運転能力と注意力が必要です。

■マニュアル車とオートマ車の違い

・プライベートでマニュアル車をずっと運転していたので、社用車でオートマ車を運転したとき右足も一緒にブレーキの上に置いて両足でブレーキを踏んでいた(女性/41歳/金融・証券)

・久しぶりにマニュアル車を運転すると、クラッチの扱いに慣れるのに時間がかかるためエンストしたことがある(男性/28歳/自動車関連)

マニュアル車で免許を取得した人でも、オートマ車に慣れてしまうとマニュアル車の運転方法を忘れてしまうことはよくあります。体が忘れてしまっているので、適応するにはそれなりの時間が必要になるでしょう。

車は便利な反面、一歩間違えば走る凶器になってしまいます。久しぶりに車を運転するときは、なるべく複雑でない経路計画を立てるなど、トラブルが起こらない方法を考えることが必要になります。事前の準備を万端にして安全な運転を心がけましょう。

調査期間:2015/5月(フレッシャーズ調べ)

調査対象:社会人男女

有効回答件数:475件

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催