なぜか変換できない言葉10選―読み間違ってるよ!「ふいんき(雰囲気)」「ていいん(店員)」

学生の窓口編集部
2016/12/12
新生活
あとで読む

なぜか変換できない言葉10選―読み間違ってるよ!「ふいんき(雰囲気)」「ていいん(店員)」

読み方は絶対合っているのに、パソコンや携帯電話で入力しても変換できない言葉ってありますよね(ただ、変換が先回りして、変換してくることもあります)。でも、それは本当に正しい読み方なのでしょうか? ありがちな「変換できないワード」と正しい読み方をご紹介します。

▼こちらもチェック!
これが解けたら天才!? IQひらめき力診断

●ふいんき(雰囲気)
最も有名な「なぜか変換できない」単語がこの「ふいんき」です。読み上げると確かにそう聞こえなくもないのですが、正しくは「ふんいき」です。ちなみに、「ふいんき」を「不陰気」と無理やり変換することもあるようです。

●がいしゅつ(既出)
これも有名ですね。正しくは「きしゅつ」です。「既」を「がい」という読みで出すことはできないでしょう。恐らく「概念」の「概」と混同しているのではないでしょうか。

●ていいん(店員)
口頭で読み上げるとそう聞こえなくもない、というパターンが「なぜか変換できない」に結び付くことが多いようです。「ていいん」で変換するとほぼ間違いなく「定員」と出てくるはずです。正しくは「てんいん」ですね。

●げいいん(原因)
「げんいん」と読みましょう。試しに「げいいん」で変換してみたところ、筆者のパソコンでは「鯨飲」と出てきました。これはこれで面白いですが、全然違いますね。

●ぜいいん(全員)
これも読み上げたときには「ぜいいん」と聞こえなくもないですが、「ぜんいん」というのが正しい読み方ですね。

関連記事

この記事を書いた人

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催