【就活そもそも】インターンシップってなに?就職に有利なの?

学生の窓口編集部
2015/03/13
インターン
あとで読む

初めてのことばかりの就活では、知らない単語やイベントがたくさんあるはず。そこで就活に頻出するキーワードをマイナビ編集長・三上隆次さんに解説してもらいました。就活のイロハをしっかり勉強しましょう! 今回のテーマは、インターンシップってなに?」です。

インターンシップをした方が就職には有利?

インターンシップとは、学生が一定期間、企業の中で研修生として実際に働き、就業体験ができる制度。経団連はインターンシップを「産学連携による人材育成の観点から、学生の就業体験の機会を提供するもの」としています。

三上さん「つまり、インターンシップは教育の一環であり、採用活動ではないということです。とはいえ、学生にとっては自分が興味のある企業の内側を見ることができ、社会人と話せるいい機会ですから、積極的に参加して欲しいですね」

経団連は5日以上の就業を推奨していますが、中には1日~3日といったプログラムを実施している企業もあります。大学3年生の春・夏の長期休暇中に参加する学生がほとんどですが、現在は1年生から受け入れている企業もあり、人気の企業は倍率も高いので早めの対応が望ましいです。エントリー方法は、マイナビなどのサイトからできる公募型のほか、大学が窓口となっているものなどがあります。

三上さん「大学が窓口の場合は同じ学内だけでの選抜なので、公募型に比べて倍率は低い可能性があります。また、青年会議所や、中小企業同友会などが実施しているものも、比較的倍率は低いので受け入れてもらえる可能性が高いです」

業界研究の一環として、また就職後の企業とのミスマッチを防ぐためにも、積極的に参加したい制度ですね。

文●イマーゴ

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催