ガクマドラボ

ガクマドラボ研究員の調査部屋.png

自己紹介.PNG

研究員:のーす

みなさま、はじめまして。研究員ののーすです。ガクマドラボの研究員ブログを始めました。運営しながら気になったことなど研究員同士の情報共有をブログで公開していきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

早速ですが、ガクマドラボで最近サブスクの記事がよく読まれているんです。新型コロナで外出が制限される前からも注目度の高いテーマではあったのですが、おうちじかんが増えたことで定額制サービスに注目が集まっているようなんです。そこで今日は、研究員のうにさんが最近のサブスク事情を調べてきてくれたので、共有をお願いしたいと思います。

研究員:うに

ガクマドラボ研究員のうにです。サブスクについて色々と調べてきました。本日はよろしくお願いいたします!


今、人気の音楽サブスクとは?

研究員:のーす

サブスクというと一般的にまず思い浮かべるのが音楽や動画の定額サービスかなと思います。学生の方から人気のある音楽サブスクからお聞きしたいのですが、どんなサービスに人気が集まっているのでしょうか?

研究員:うに

インターネットで検索してみると、色々なサービスが提供されていました。最新の定量データはあまり見当たらなかったのですが、『Spotify』『YouTube Music』『Apple Music』などは学割があって、学生さんのおサイフに優しそうな印象を受けました。

研究員:のーす

私が知っているものだと『LINE MUSIC』や『Google Play Music』も思い浮かびます。有名な大手企業が参入している市場で、競争も激しそうですね。学割はどんなサービスが受けられるんですか?

研究員:うに

『Spotify』は、プレミアムプランを3ヶ月間無料体験できるというものでした。プレミアムプランなら広告による中断がなく、オフラインでも聴けて、高音質などフルに音楽を楽しめるのが魅力です。通常は4ヶ月目から月額980円(税込)かかるのですが、学割なら月額480円(税込)と半額近くまでディスカウントされていました。

『YouTube Music』は、学生なら1か月間無料です。通常は2ヶ月目から月額980円(税込)かかるのですが、学割なら月額480円(税込)で、割引額はSpotifyと同じでした。普段からYouTubeをよく視聴する方が利用しているのかなと思います。広⁠告⁠な⁠し⁠、オ⁠フ⁠ラ⁠イ⁠ン⁠再⁠生⁠、バ⁠ッ⁠ク⁠グ⁠ラ⁠ウ⁠ン⁠ド⁠再⁠生ができるようになります。ファミリープランも用意されていて、1ヶ月の無料トライアル以降は2ヶ月目から月額1,480円(税込)がかかりますが、同世帯で家族5名(13歳以上)まで追加できるようです。

『Apple Music』は、3ヶ月間無料で、その後4ヶ月目からは個人プランなら月額980円(税込)、学生プランは月額480円(税込)で、こちらもSpotifyやYouTube Music同様の月額料金でした。ファミリープランというのがあって、月額1,480円(税込)で家族6人までが使えるプランもあるので、学生さんでまだ親御さんがスマホ代を払っているという場合は、ファミリープランを使っている人も多そうだなと思いました。

研究員:のーす

無料で使い始められると敷居がぐっとさがりますよね。さらに学割も用意されていると、学生の方はお得に使えていいですね。今上がった3社では学割の月額料金が同じなので、自分に合ったサービスを選びやすそうですね。

うにさんは音楽系のサブスクは何か利用していますか?

研究員:うに

私はAndroidのスマホを使用しているので『Google Play Music』を利用しています。iPhoneを使用している人が『Apple Music』を使うのと同じ感じだと思います。

研究員:のーす

スマホを購入するときに使えるサブスクのことまで考えて買う人がどれくらいいるか気になりますね。いいなと思った音楽サブスクが自分の機種では使えなかった、という経験がある人もいるかもしれない…。


今、人気の動画サブスクとは?

研究員:のーす

では、動画サブスクについても聞いていきたいのですが、動画系はどんなサービスの人気がありそうですか?

研究員:うに

動画サブスクは『Amazonプライム・ビデオ』『Netflix』『Hulu』が人気のようです。

研究員:のーす

私も動画サブスクはNetflixとAmazonプライム・ビデオを利用中です。Amazonプライム・ビデオは元々Amazonでよく買い物をするので会員になったのですが、特典がたくさんあって。Amazonプライム・ビデオはその一つで、無料でも色々観られるんですよね。少し前に友達に教えてもらった海外ドラマにハマって、シーズン1は無料だったのですが、その先も気になってシーズン2以降も1本200円(レンタル)を課金して何本も観てました。もはやサブスクの域を超えて普通にレンタルしてしまってましたね。

動画サブスクも学割はありましたか?

研究員:うに

『Amazonプライム・ビデオ』はのーすさんみたいに、元々Amazonでお買い物をする人や、学生に好まれているようですね。Amazonでのお買い物の際、送料無料になったりと+αの特典が豊富です。値段もすごくお得で、Amazonプライムは学割だと月額250円という驚異の安さです。学割ではなくても月額500円なので、かなり安いと思いますね。

『Netflix』はオリジナル動画の配信やアニメなどの独占配信を多く手掛けていて、特にアニメをよく見る方には人気がありそうです。auの契約プランの一つにもなっているので、auを利用している方にも好まれていそうです。サブスクの料金がスマホ代金内に含まれることで、サブスクあるあるの<お金を払っている罪悪感が軽減される>という思考がもろに働いていて、お得感に繋がっているように思います。学割は無いようですが、コンテンツ力の高さで支持されている印象です。料金プランは3つに分かれていて、一番安いのはベーシックで月額800円(税抜)のようです。

『Hulu』はドラマなどの独占配信を多く手掛けているようです。2週間無料トライアルができ、その後は月額1,026円(税込)で見放題。学割は無いようですが、料金形態がとてもシンプルなのも特徴ですね。一部のサブスクだといざ動画を見ようとしたら、月額料金の他に追加料金がかかることもあるので、それがないのはとっても安心かなと思いますね。

研究員:のーす

前にビデオリサーチのひと研究所の若手研究チーム「わかものラボ」さんと一緒にワークショップをさせていただいたときも月額以外の追加料金はストレスだという話が出ました。
大学生はコスト意識が高いので、サブスクならではの良さでもある“決まった料金の中で何ができるか”がはっきりしていると喜ばれそうですね。

▼ワークショップの記事はこちら
【若年層のサブスク】動画はコンテンツ、音楽は視聴スタイルで利用サービスが分散する傾向

研究員:うに

大学生は限られたアルバイト収入の中で私生活を充実させているので、できるだけコストは下げたいところですよね。
私は実家暮らしだったので多少の余裕はありましたが、一人暮らしだったらと思うと・・・コストを下げないとかなり厳しかったと思いますね。


新型コロナの影響によるサブスク利用者増加について

研究員:のーす

外出自粛の影響でサブスクを始める人が増えたというニュースをよく目にするようになったのですが、うにさん的にはどう思いますか?

研究員:うに

やはり家にいる時間が長くなりできることも少ないので暇な時間に動画を快適に見たり、学校の課題をする際に音楽を聴いたりするために学生はサブスクを始める人が多かったのかなと思います。

また、コロナの影響で今まではサブスクでは聴けなかった大物アーティストの曲が沢山配信されて、自分が聴きたかったものが解禁されたことでサブスクを始めた人も多いのではないかなと思っています。

私はRADWIMPSさんの楽曲が解禁になったので、即ダウンロードしました!

研究員:のーす

好きなアーティストや作品が解禁されるのは嬉しいですよね!
おうちじかんを楽しめるようにファンを応援してくれて、ますますファンになっちゃいますね。

研究員:うに

そうなんですよね。
サブスクで解禁されたことでもっとアーティストの人気が高まればいいなと思いますね。

緊急事態宣言が解除されましたが、今後もまだ自分たちでできる限り自粛をしなければならないですよね。
なので家にいる間に動画を見たり音楽は通学の際に活用できますし、緊急事態宣言が解除されてもサブスクを辞める人はそんなにいないような気がしています。

研究員:のーす

音楽や動画のサブスク以外で、コロナが影響して利用者が増加したサブスクは何かありそうでしょうか?

研究員:うに

ゲーム系のサブスクは利用者が増加したのではないでしょうか?
自粛で人に自由に会えなくなったので、かなり需要は高まったのではないかと思います。
実際にNintendo Switchが店頭から消えて当選倍率が100倍を超えるなど、ゲーム需要が高まっていました。
オンライン通信で遊べるようになる『Nintendo Switch online』などは私も含め周りもこぞって入会していましたよ!


大学生の活動について

研究員:のーす

うにさんが教えてくれたこちらもご紹介したいのですが、大学生によるコロナ禍の影響を受けた飲食店の方々への支援も始まっているんですね!

▼プレスリリース
【本郷の飲食店を応援しよう】文京区・本郷エリアの飲食店を支援するサブスクランチ「Gocci(ゴッチ)」の事前購入を、本日4月29日より開始

研究員:うに

学生が中心に行動しているの本当に凄いですよね!
東大発の『Gocci』は、月額の前払いで1ヶ月間毎日ランチが食べられるみたいです。(プレスリリースには2020年5月31日(日)までが事前購入期間となっています)

2020年5月31日(日)までに9,900円(税込)をオンライン上で支払うと、集まった全額が6月上旬に文京区本郷周辺の加盟店舗に均等配分されるそうです。そして新型コロナウイルス感染症の収束後、現在19ある加盟店舗のランチメニューを、1カ月間毎日1食ずつ食べることができるんだそうです。

飲食店にも貢献ができた上に、自分も後々美味しいランチが食べられるって素敵ですよね。


ガクマドラボ研究員が、利用しているサブスクや注目しているサブスクは?

研究員:のーす

サブスクは音楽や動画系以外にもたくさんサービスがありますよね。本、ゲーム、コスメ、洋服、家電、自動車、英会話などなど。
個人的にはコスメのサブスクを利用していたことがあって、毎月いろんなコスメを詰め合わせた箱が届くのがすごく楽しかったです。
今回は何が入ってるかな〜と開ける時のワクワク感と、使ってみるとすごく良い香りだったり、肌に合うクリームだったり、美容意識が低い私には未知のコスメとの出会いが新鮮でした。

うにさんが利用しているサブスクや、注目しているサブスクはありますか?

研究員:うに

コスメのサブスクすごく楽しそうですね。コロナの影響でサブスクが急上昇してたので色々調べましたけど本当に沢山種類があって面白いですよね。

私は、洋服のサブスクに注目してます。たくさん服を買う割にはすぐ飽きて着なくなるので、1ヵ月定額で支払って毎月違うお洋服が選べて着れるというのはすごく良いなと思って調べてます。
大学生は毎日私服なので、学生の需要も高そうですよね!


最後に・・・

研究員:のーす

今回うにさんに調べていただいた内容を元に、大学生にどれくらいの割合で利用されているかや、潜在層のニーズを定量調査してみましょうか。

研究員:うに

そうですね。社会人と大学生の違いを比べても差が出そうですね。

研究員:のーす

今日はありがとうございました^^引き続きよろしくお願いします!

研究員:うに

こちらこそありがとうございました!

 

※こちらに掲載している情報は2020年5月時点のものです。今後サービスプランの内容が変更となった場合、実際のものと情報が異なる場合があります。予めご了承ください。