フレッシャーズ マイナビスチューデント-学生のための社会人準備応援サイト

報連相(ほうれんそう)とは? 報告・連絡・相談・のマナーを徹底解説!

2017/02/09

マナー全般

報連相(ほうれんそう)とは? 報告・連絡・相談・のマナーを徹底解説!

失礼のないコミュニケーションを行うために

社会人25年生になろうとしている私が思うに、仕事を行なうときに、もっとも大切なこと。それは、上司や先輩、取引先やお客様など、周囲の人たちとのマナーあるコミュニケーション、すなわち マナコミ(失礼のないコミュニケーション)ができるかどうか。これで、仕事を楽しいと思えるかどうか、職場が貴方にとって有意義な場所となるか否かが決定づけられます。

そこで具体的に必須な項目は、次のとおりです。
1.報告 2.連絡 3.相談 4.確認 です。

いわゆる「報連相(ほうれんそう)」と言われているものですね。報連相(ほうれんそう)とは、報告・連絡・相談のこと。仕事を円滑に行う上で重要なポイントですが、ここに「確認」をプラスすることで、社会人としてさらに一歩リードできますよ。

▼こちらもチェック!
【例文つき】スグ使えるビジネス用語・カタカナ語80選! ビジネスシーンに頻出の用語一覧

報連相の報告のコツ

ここでは、まず報連相のなかでも「報告」について解説します。報告とは何でしょうか? 報告とは、上司などから指示されたことに対して、その経過や結果などを伝えることです。辞書には次のように記載されています。

報告......告げ知らせること。特に、ある任務を与えられた者が、その経過や結果などを述べること。また、その内容。(大辞泉)

上司や先輩たちとの信頼関係を築くには、この報告は報連相のなかで一番大切といっても過言ではありません。上司から言われたこと、頼まれたことに対して報告をしない態度は、上司のことを軽視していると思われても仕方がありません。軽視されていると思う上司の立場に立ってみましょう。その相手に対してプラスの感情を抱くでしょうか?

人間完ぺきな人はいません。上司や先輩であっても欠点があるかもしれません。だからといって、目上の人に対して敬意を払わない言動はタブーです。また、会社、組織という場所は自分と同じ考え方の人がいなくても、そこで一緒に力を合わせてがんばっていくのが仕事をするということ、すなわち社会人の姿です。

特に若いときは、不本意だと思うことでも我慢して前向きにがんばった分、30代、40代でどんどん花開いていきます。20代はその後のあなたの人生に大きな影響を与える年代です。この年代のときに自分が何を考え、何を勉強し、どう生きていこうと思うのかはとても大切なことです。

仕事において、上司や先輩、周囲に対して自分本位、自分中心の言動はマナー違反です。常に相手の気持ちを思いやる心を持っていれば、報告をしないという行為はないはずです。

また、報告をしなかったことに対して、上司から注意を受けたり叱られた際には、素直に「申し訳ございませんでした」とお詫びをして、「今後は二度とこのようなことがないようにします」と約束をするくらいの責任ある言動を行いましょう。

Icn nextpage次のページ:こんな報連相はNG? 嫌われワードとは

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード




マナー全般の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

    卒業旅行特集

    ピックアップ [PR]