報連相(ほうれんそう)とは? 報告・連絡・相談・のマナーを徹底解説!

2018/02/05

対人マナー

報連相の「相談」のステップ

1.まずは自分で考え、自分なりに考えをまとめる

2.用件を告げる
伝えたい事柄が複数なら案件の数を。

3.内容が明確にわかるように切り出す

4.自分の考えも加えて内容を話す
自分の考えを話すことにより、より良いアドバイスを引き出すもとにもなる。

◆相談の仕方

新人 「○○部長、今お時間宜しいでしょうか?○○の件についてご相談したいことが3点あります」

「1点目は○○についてです。××の部分がよく理解できておりません。私としてはこのように進めればいいのではないかと考えているのですが、いかがでしょうか」

・相手の都合、時間、場所などを考える
・何が問題かを明確にしておく
・質問や相談したい事柄をまず述べる
・ポイントを絞って話す
・「~したいと考えているのですが...」と自分なりの考えを添える
・同じような相談を繰り返さない
・相手も忙しいことを考え、要点をまとめて尋ねる

◆こんな相談は困るNG集

1.問題点がまとまっていない(なにが言いたいのかわからない)
2.自分の考えがまったくない(丸投げ相談)
3.相手の都合を考えない

次のページ報連相にプラスしよう!「確認」のコツ

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]