ニューノーマルな社会人ライフに最適なバッグって? 先輩社会人のリアルボイスを聞いてみた!

2021/03/03

社会人ライフ

身だしなみ・ビジネスアイテム

趣味

リモートワーク

オフィスカジュアルが浸透する今、街ゆく社会人のバッグも多様化してきました。なかでも、バックパックを背負った人を見かける機会が増えた気がしませんか? 機能性はもちろん、ファッションのひとつとして楽しんでいる人も多いみたい。でも……実際のところ、ビジネスシーンにバックパックを活用するのはアリ? そこで、リアルな先輩たちの声を探ってみました。

デキる社会人はバックパック生活を始めている

在宅と出社を組み合わせているので、PCや資料などの荷物を持ち歩くのに体の負担を軽減できていい。

シンプルなデザインや色のものなら問題ない。むしろ、大容量で機能的などメリットの方が多い!

先輩や同僚も使っている人が増えてきたので、違和感はない。むしろおしゃれな感じがする。友人を見ていいなと思うが、会社の規定でバックパックは使えない……。

今回のアンケートでは、「ビジネスシーンにバックパックを活用するのは問題ないと思いますか?」という問いに、「まったく問題ないと思う」「どちらかといえば問題ないと思う」と答えた人が、なんと全体の80%以上!大多数の人が、バックバックのビジネス使いに肯定的という結果に。特に体の負担の軽減や、コロナ禍で在宅勤務が増えたことによる荷物の増量などを理由に挙げる人が多く見られました。では、実際にバックパックを使っている先輩は、どんなふうに活用しているのでしょう?

バックパック生活を始めてみる

実際のビジネスシーンのバッグの中身は!?

日々様々な取引先を訪問する営業職の鈴木さんのバッグの中身
広告の営業として活躍する内山さんのバッグの中身

PC本体だけでなく電源やマウスも必要ですし、紙資料も多いので荷物はかなりボリューミー。 A4より大きな資料もあるので、折り曲げずに入れられることも重要なポイントです。財布やメガネなどのほか、営業のエチケットとして歯ブラシや消臭スプレーを携帯していますし、コロナ対策で除菌グッズも持ち歩くので最近はこまかい荷物も増え、収納力の大切さを実感します。

私のPCはちょっと大きめで、訪問先によっては雑誌を複数冊持ち歩くこともあるので、荷物自体の重量がかかります。名刺入れや定期入れ、手帳、筆記用具はもちろん、出先でも身だしなみを整えられるように鏡やリップクリームを入れていたり、タンブラーを入れていたりもします。 細々したものは、外ポケットや内ポケットなどにわけて 入れていますね。

ビジネスシーンに最適なバックパックをcheck

先輩の社会人ライフをみてみよう

楓さんの場合

「世の中的にオフィスカジュアルが浸透し始めたころ、バックバックに切り替えた」という楓さん。Instagramを見て、直感的に「いいな」と感じたのがきっかけでした。こだわったのは、ビジネスで使えるシンプルなデザインと、パソコン&周辺機器が収まる大きさ、趣味のアウトドアでも使える機能性。「通勤も営業も電車で移動するので、定期やケータイなどを入れる外ポケットも重要」だそう。実は営業で訪問するクライアントに合わせ、バッグを使い分けているとか。「堅い客先に行くときだけ、サブとして持っている革の手持ちタイプに。とはいえ、ほとんど革バッグの出番はなく、バックパックで過ごしていますね」。

\What's in my bag ?/
気になる先輩のプライベートは?

アウトドアが趣味の楓さんは、週末や夏はキャンプへ、冬はスキーへと各地を飛び回っています。「今年はコロナ禍で難しいですが、例年、冬は週末にスキー場でインストラクターをしているので、年間60日ほどは雪山にいます(笑)。バックパックに詰め込むのは、ゴーグルやグローブ、ウェアやヘルメットなどのスキーグッズ。また、アウトドアで使うには耐久性や撥水性が必要。日によって気温も違うので、ダウンを圧縮して入れられる大容量であることもポイントです」。

バックパックGoodポイント♪

オンオフともに荷物が多いので、バックパックは必要不可欠。僕はさまざまなアウトドアをするのでいろんなタイプのバックパックを持っていますが、ビジネスシーンで使っているものは、撥水性もあって手頃な大きさなので、気軽な週末キャンプや近場の登山などのライトなアウトドアに行くときにピッタリ。兼用で使えるのは、うれしいポイントですね。また、コロンビアのバッグは仕切りやポケットが多くて整理がしやすいので、モノを探す手間が減りました。

オン・オフ使えるバックパックをcheck!

内山さんの場合

社会人になってしばらくは、ショルダートートを使っていたという内山さん。当時は荷物の重さで片方の肩に負担がかかり、痛みや疲れに悩んでいたそうです。そんなとき、先輩がバックパックを軽々背負っている姿を見て、自分も変えようと決心。また、「面倒くさがりで、用途に合わせてバッグを変えるのが手間だったので(笑)、趣味の大荷物も入れられるサイズがベストでした」。コロナ禍でもバックパックが大活躍。在宅と出勤を併用していて重いパソコンを持ち運ぶ機会が増えたので、本当にバックパックにしてよかったです!

\What's in my bag ?/
気になる先輩のプライベートは?

内山さんの趣味は旗などの手具を使って、ジャズダンスとクラシックバレエがミックスされたような動きで魅せる「カラーガード」。「スウェットやTシャツ、スニーカー、タオルに手具などが必要。さらに180CMほどある旗を持って出かけるため、両手が空いていないと移動が厳しくて。仕事帰りに練習に行くことも多いので、大容量のバックパックじゃないと入りきらないんです」。実はバックパックにしたことで、もうひとつメリットが。旅行バックにもピッタリなんです。使いどころがたくさんあるので、ひとつあると本当に便利です!

バックパックGoodポイント♪

手に荷物を持って移動をするのって、思った以上に疲れるもの。仕事をして夜や休日にダンスの練習という日々なので、疲労した体で荷物を持つと辛さが増すんです。でもバックパックに替えてからは、重さの体感が変わって体がすごくラク!もう手持ちバッグには戻れません(笑)コロンビアはデザインやカラーも豊富だし、ポケットも多いので女性も使いやすいと思います。ぜひ周りの人や友だちにも、この快適さを味わってほしいですね。

オン・オフ使えるバックパックをcheck!

鈴木さんの場合

ベーシックなビジネスバッグ、小さめの手持ちバッグ、ふたのないリュックなど、さまざまなバッグを試してきた鈴木さん。「最終的に行き着いたのは、収納力と撥水性などの機能があるバックパック。あとは、おしゃれさもいいなと思ったポイントです。最初はスーツに合わせることに不安もあったのですが、バックパックを持つ周りの人達を見て、意外と馴染むしおしゃれだなと感じて。特に最近は自分の会社も、営業先もオフィスカジュアルが浸透しているので違和感がないですし、趣味のサッカーでも使いやすくて重宝しています。」

\What's in my bag ?/
気になる先輩のプライベートは?

社会人サッカーチームに所属する鈴木さんは、毎週末はもちろん、平日の夜に練習をこなすこともあるそう。練習時はユニフォームやスパイク、靴下、タオルにタンブラーなど必要なものも多い。「週末の練習にも、ビジネスバッグとして使っているバックパックを持って行きますが、デザイン的にスポーツシーンにも合うので使いやすいですね。仕事帰りに練習があるときは、仕事とサッカーの荷物の両方をバッグパックに入れて出社。日中はサッカー用の荷物をロッカーなどに入れ、就業後に再びバックパックに戻して、そのままグラウンドに向かっています。」

バックパックGoodポイント♪

移動中に資料を見たり、ケータイで調べ物をしたりするときに、両手が開いているのはやっぱり便利。僕は自宅から駅まで自転車を使っているのですが、家からバックパックを背負ったまま自転車に乗り、駐輪場に停めたらサッと改札に向かえるんです。カゴに荷物を載せたり、手に持ったりという動作がないのはストレスフリーで体にバックパックが密着しているためセキュリティ的な安心感もあります。以前は出張だとビジネスバッグとトランクケースの2コ持ちでしたが、1、2泊ならバックパックひとつで十分。しかもコロンビアの商品はバッグ自体がとても軽いので、体への負担も少ないんですよね!

オン・オフ使えるバックパックをcheck!

社会人ライフに最適なバッグを選ぶポイントは?

先輩たちのリアルボイスからも社会人は思った以上に荷物が多いことがわかりました。まずは、ひとつに荷物がまとまる「大容量バッグ」を選ぶことは大前提。そして「体に負担をかけないこと」「小物の整理が楽で探し物に無駄な時間を使わないこと」も重要です。電車通勤や移動中の作業などを考えると両手が空いていることも外せないポイント。つまり仕事中は余計なことに力を使わず集中できて、趣味も思い切り楽しめることが最高のバッグの条件!しかも、秘かにオフィスファッションを楽しめる。このすべてを満たすのがバックパックなのです。

【Point】仕切りが多くPCを入れるポケットもあるバックパックはビジネスシーンに最適!

【Point】オフタイムのアウトドアで活躍するベルト部分もビジネスシーンでは仕舞い込めるところは要チェック♪

PEPPER ROCK 30L BACKPACK

コロンビアのバックパック(ペッパーロック 30L バックパック)は、ビジネスシーンでも使いやすいシンプルで、スタイリッシュなデザインが魅力。A4サイズがすっぽり入る大容量なのに、体に負担をかけない軽量設計も大きなポイントです。もともとアウトドアスタイルに長けたブランドだから、撥水性や耐久性などの機能も充実。老若男女問わず、世界で愛されてきたブランドならではの知恵と安心感も兼ね備えています。

ペッパーロック 30L バックパック
カラー: 全3色 (010 Black, 053 Graphite, 245 Major)
価格: \12,600 (+税)

バックパックを詳しくCheck

コロンビアのアイテムを詳しくCheck

提供:コロンビアスポーツウェアジャパン

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る