Vol.5 恋愛に謙遜とプライドは不要!受け身男子の次への進み方【週末アドレセンスー恋の忘れ方ー】

2020/07/31

社会人ライフ

例え二十何年生きてきた人生経験豊富な大人でも、苦い恋愛経験はいつまでも尾を引くもの。「まじでつらい……」「あの時、ああしていれば…」自分では消化しきれないどうしようもない思いを抱えていませんか?

確かに失恋というものは、辛くて苦いショックな経験ですよね。でも、もう恋なんてしないなんて言わせないよ絶対。

ここは、傷ついたあなたを少し前向きにしてくれる失恋クリニックあなたが再びアドレセンスな週末を過ごせるように、酸いも甘いも、色々な恋愛を経験してきた諦子(あきこ)せんせいが、悩みを分析し、恋の忘れ方を処方します。

連載バックナンバーはこちら

諦子(あきこ)せんせい

失恋クリニック/恋愛処方箋技師
失恋患者さんたちは諦子せんせいの核心をついた回答に妙に納得してしまう。

★失恋お悩み
当時大学3回生だった僕は、わりとハードなマイナー競技を行う運動系サークルに所属していた。俗に言う「幹部マジック」がある1回生と3回生。皮肉なことに「偶然と夏の魔法とやらの力」が働き、ある女の子が僕を好きなようだとの噂が耳に入ってきた。 それまでは全く気にしたことがなかったが、自分に気があると知るとついこちらも気になってしまうもの。とんとん拍子に事が運び、その年の秋には付き合うことになっていた。

しかし、彼女には夢があった。海外留学に行きたい。僕は先輩の余裕を前面に出し、背中を押した。 翌年の春、彼女は異国へと旅立った。 最初の1ヶ月程はほぼ毎日通話していたが、2ヵ月目は半分ほどに。 そして3ヶ月目には1週間に1度あるかないか程度にまで減少した。会話の態度も段々「ながら」通話が増えていき、彼女の熱が冷めていくのを感じていた。異国での生活が楽しすぎて、僕やサークルのことがどうでもよくなったのだろう。

彼女が帰国した直後の夏、話をすることになった。 完全に冷めてるオーラを出しまくってるくせに、「どうしたいの?」と聞いてきたのを強烈に覚えている。当然別れることになった。

翌年、僕が卒業した後に、彼女は僕の後輩と付き合ったという噂を耳にした。 よりにもよって僕が嫌っていた後輩で、正直どこが魅力なのかわからなかった。 「俺を散々振り回しておいて、なぜあいつに…」とモヤモヤ。

その後、僕も何度か恋をしたが、今でも時々思い出してモヤモヤすることがある。「受け」から始まったとはいえ、最終的にはかなり好きだったんだと思う。 どうやったらサッパリ忘れられるだろうか。
(男性社会人/Sさん/出版系)

忘れられないのは、偶然と魔法とやらの力のせいではない


「「受け」から始まったとはいえ、最終的にはかなり好きだったんだと思う」とありますが、「受け」から始まったから、最終的にフラれて忘れられなくなったのではないでしょうか。

男の人には狩猟本能がある、と恋愛面でもよくこの言葉、使われますね。
あなたは彼女が自分から距離を置くのを感じて、すっかり心に余裕がなくなり、途中から狩猟本能が駆り立てられて「好き」という気持ちが盛り上がってしまったのでしょう。最初は彼女からの好意だったので、その辺りが刺激されなくて落ち着いていられたのにね。

結論、彼女を忘れられないのは単純に男性心理の特徴によるものです。
男って、去るものは追いたくなるもの。というわけで次に行きましょう!

残念なイイ男にはならないで


どうしてもどうしても忘れられそうにないというならば、いっそ今からでも追いかけて当たって砕けてしまえばサッパリするんじゃないですか?

でもあなたには到底そんな勇気はなさそうですね。文面から、あなたはご自分に自信が無い方のように感じます。
自分が彼女から好かれた理由なんて、自分が魅力的だったから、でいいじゃないですか。
何ですか、この「幹部マジック」やら「皮肉なことに」やら「偶然と夏の魔法とやら」なんて色んな言葉で色んな理由つけちゃってまあ……。
もっと、堂々と良い男ぶってください。

それでいて、あなたはプライドも高い。
「自分に気があると知るとついこちらも気になってしまうもの」なんて、好きになった理由語るのに言い訳が長いです。
単純に「自分も意識するようになって好きになりました」でいいじゃない!

「異国での生活が楽しすぎて、僕やサークルのことがどうでもよくなったのだろう」
そういうことにしたいのは分かるけど、正しいかどうか分からない推測を『いい感じの文章』で書かないで、ちゃんと彼女に冷たくなった理由を聞いてみてはどうでしょうか。

Vol.5 恋愛に謙遜とプライドは不要!受け身男子の次への進み方【週末アドレセンスー恋の忘れ方ー】

失恋体験談大募集

松本千秋(文・漫画)

映像制作→映像編集→専業主婦→銀座ホステス→イラスト業→漫画家。東京都出身。
少年画報社ヤングキング「トーキョーカモフラージュアワー」連載中。
cakes「38歳バツイチ独身女がティンダーをやってみた結果日記」連載中。
note:https://note.com/hibaransu
Twitter:@imakarahima

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]