Vol.1 「友情」という綺麗な呪いが殺した恋心【週末アドレセンスー恋の忘れ方ー】

2020/03/26

社会人ライフ

例え二十何年生きてきた人生経験豊富な大人でも、苦い恋愛経験はいつまでも尾を引くもの。「まじでつらい……」「あの時、ああしていれば…」自分では消化しきれないどうしようもない思いを抱えていませんか?

確かに失恋というものは、辛くて苦いショックな経験ですよね。でも、もう恋なんてしないなんて言わせないよ絶対。

ここは、傷ついたあなたを少し前向きにしてくれる失恋クリニックあなたが再びアドレセンスな週末を過ごせるように、酸いも甘いも、色々な恋愛を経験してきた諦子(あきこ)せんせいが、悩みを分析し、恋の忘れ方を処方します。

諦子(あきこ)せんせい

失恋クリニック/恋愛処方箋技師
失恋患者さんたちは諦子せんせいの核心をついた回答に妙に納得してしまう。

★失恋お悩み
高校2年生のとき、クラス替えしたその日から、ある男の子と猛烈に仲良くなりました。彼と私は同じクラスで席が前後でした。彼は無愛想で口下手でしたがとても聞き上手な子で、共通の話題もありとても話が弾みました。 彼は部活にバイトに忙しく、恋愛してる暇もないといった感じで、私も彼のことは良い親友だと思っていたため「私たちはなんか、そういうんじゃないよねぇ」と話したのを覚えています。 …そう思っていたはずなのですが、彼はあまりにも魅力的でした。次第に私にとっての彼は『とても良い親友』から『好きな人』に変わっていきました。「男女の友情は脆いというけど、私たちに限ってはあり得ないよね」と、話していたのにもかかわらず。 それを自覚したときの罪悪感と「裏切ってしまった」感により、私は彼の顔も一切見ることができなくなってしまい、3年生になる頃には疎遠になりました。頑張って教科書を借りに行こうとしても、空回って終わってしまいました。 彼のことは今でもずっと大切に思っています。恐らくもう二度と会うことはないのですが、今後もし顔を合わせたら、「あの時私と仲良くしてくれてありがとうね」と言いたいです。 (女性/22歳/情報・IT)

恋のつぼみをもぎ取ってしまったのは自分?


恋愛感情って、ポジティブな気分で自覚する時と、ネガティブな気分で自覚する時、2種類ありますよね。お便りをくれた方は後者だと思うんです。自分が相手からも好かれているという自信が持てなかったのでしょう。

「私たちはなんか、そういうんじゃないよねぇ」
この言葉、最初に言ったのは男子と女子どっちだったのでしょうか。コレ言われちゃった側の方、一瞬で恋心撃沈すると思うんですよね。

なので、これを言ってきたのが男子だった場合、あなたが後にネガティブマックスになって、好きになるなんて「裏切ってしまった」と感じるのも仕方ないと思うんです。

けれどもし、あなたの方から彼に照れ隠しのつもりで言ってしまっていたとしたら?彼にも密かにあった恋愛感情を封印させる呪いをかけたかも知れません。

友情か恋心か、無理して分化しなくていい


あなたはきっと繊細な方だから、友情関係を波風立てずに保つために交わした「私たちはなんか、そういうんじゃないよねぇ」にずっと囚われてしまったのでしょうけれど、そもそもそんなに律儀に守らないといけないような会話でしょうか。
そして「あの時私と仲良くしてくれてありがとうね」と伝える行為、そこからなにも生み出さないので言わなくても良いんじゃないでしょうか。

いやあ〜あのときね、途中から君が魅力的に見えてきて好きになっちゃったの。けどそんな自分にドン引きして逃げたわ(笑)
くらい言ってみたらどうでしょう?

「恐らくもう二度と会うことはないのですが」とは、会えない特別な事情があるのでしょうか。高校のクラスメイトでしたら、再会の機会はいつか訪れそうなものなのに。

今後また、魅力的だと思える男性と男女の友情について語り合う機会が来た時は、全力で「ただの友情かは断言出来ないよ」と言うことからスタート出来ますね。


失恋体験談大募集

松本千秋(文・漫画)

映像制作→映像編集→専業主婦→銀座ホステス→イラスト業→漫画家。東京都出身。
少年画報社ヤングキング「トーキョーカモフラージュアワー」連載中。
cakes「38歳バツイチ独身女がティンダーをやってみた結果日記」連載中。
note:https://note.com/hibaransu
Twitter:@imakarahima

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]