「内定取って燃え尽きた。」からの一歩はまず〇〇 #キャリアロードマップの一歩目

2020/03/11

入社準備

「内定取って燃え尽きた。」からの一歩はまず〇〇 #キャリアロードマップの一歩目

連載TOPイラスト:伊藤ハムスター

はじめまして!この度、マイナビさんから執筆の機会をいただいたキャリアコンサルタントの“ひつじ”と申します。
軽く自己紹介をすると、新卒で就職した会社で、採用と研修を担当し、そこからキャリアコンサルタントの世界に足を踏み入れました。

学生さんや若手社員の相談をメインにしていましたが、オールラウンダーなキャリアコンサルタントを目指して、現在はコンサルティング会社にて会社のお悩みにも向き合っています。
的確な情報提供と、前を向いて歩けるお手伝いができたら良いなと思っています。
今回は、よく受ける相談のひとつ「内定を取って燃え尽きた」というお悩みにアドバイス。

<目次>
1.燃え尽き対策の特効薬は「〇〇を作る」こと
2.人生の目標に目を向けてみよう
3.気持ちが落ちている人は、自分の興味を思い出してみて


気軽にキャリア相談!
相談やお悩み投稿はこちらから

燃え尽き対策の特効薬は「〇〇を作る」こと


心身ともに大きな負荷のかかる就職活動を乗り越えて内定を得ると、安心するとともにモチベーションを失ってもおかしくありません。
内定を得た今だからこそ、あらためて自分のキャリアについて考えてみましょう。

ですが、まずキャリアの話をする前に。

「内定を取って燃え尽きた人」は、自分をとにかく褒めて、ご褒美を用意してください。

内定を取るために、ものすごく頑張ったのです。頑張っていなければ、そもそも燃え尽きるという状況にはなりません。目標に向かって努力できるというのは、あなたのこれからの人生の大きな糧になると同時に、頑張った自分にご褒美をあげるという良サイクルは自身のモチベーション管理に繋がります。

自分にたっぷりご褒美をあげましょう。

人生の目標に目を向けてみよう


自分を褒め尽くしたら、キャリアプランの話に入りましょう。

「内定を取って燃え尽きた」と他人に言うと「内定はゴールじゃないよ(内定はスタート地点)」とか「目標設定が間違っているよ」等と返された人もいるのではないでしょうか?

そして、その肝心の「燃え尽きた」気持ちに寄り添ってもらえることもなく、解決策ももらえず、軽くお説教されて終わるみたいな。

そこで今回は「内定を取って燃え尽きた」場合の対策方法についてお話させてもらいますね。

一言で言うと「新たな目標を作る」。これに限ります。

まだ実際に働いてもいないのに、そんな簡単に作れるか!って思った人もいるでしょう。社会人の目標だからといって、仕事を土台に考えなくても良いんですよ。むしろ今の時代は、プライベートを土台に目標を考えて、そこから仕事面の目標を立てていくほうがしっくりきます。

・結婚はするかな? 何歳くらいかな? どんな人とかな?
・どんな結婚生活を送りたいかな?
・子供は欲しいかな? 何歳くらいに欲しいかな? どういう風に育てたいかな?
・老後はどんな生活がしたいかな?

自分に問いかけてイメージしていってください。プライベート面で「何歳で〇〇したい」という目標を立てていくと、「そういう生活をするためには、どういう働き方をしていけば良いのか」が見えてくると思います。

こんな感じで、例えぼんやりとした形であっても目標を作っていくと、少し前が明るくなりませんか?

気持ちが落ちている人は、自分の興味を思い出してみて

内定取って燃え尽きたらどうしたらいいの?


新たな目標はできたものの、「入社予定の会社に対して、前向きな気持ちが持てず、憂鬱な気持ちが晴れない」という人もいると思います

そんな人は下記についても考えてみてください。

・入社する会社はどんな会社ですか?
・どんなきっかけがあって、選考を受けましたか?(業界に興味があったとか)
・どういう思いがあって、最終選考まで受け続けましたか?(途中で辞めなかったのはどうしてだろう?)
・内定をもらったときの気持ちは?
・入社を決めた理由は?

「そこしか内定が取れなかったから」という人もいるでしょう。

でも、そもそも何かしらの興味やきっかけがなかったら、選考すら受けていないわけですよ。

イギリスの神学者トーマス・フラーの言葉に「結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ」とあります。結婚前はしっかり長所短所を観察して見極め、結婚後は多少の短所には目をつぶって長所を見る、という意味合いの言葉ですね。

就職はよく結婚に例えられますが、この言葉はまさしく就職にも当てはまると思います。完璧な会社なんてありません。会社の長所をしっかり見て、前向きに考えていくと、自分の決断を幸せなものにできるのではないでしょうか?

今を楽しんで、元気に出社してね


入社までに自身を高めようと頑張る学生さんが年々増えてきていて、内定先からの課題以外に「何を勉強しておけば良いですか?」と聞かれます。その姿勢や努力は素晴らしいなと思いますが、それを楽しめる人以外は止めておきましょう(楽しいという人には、私はパソコンのスキルアップを薦めていますが)。

就職すると今までと時間の使い方が大きく変わります。それはそれで楽しいものの、慌ただしい日々が待っています。

せっかくの今の時間を大切にして、有意義に過ごしてください(羽目は外しすぎないでね)。そして、元気な姿で初出社してくれることを願っています。

ひつじさん文・ひつじ
キャリアコンサルタント&産業カウンセラー。新卒入社の企業での採用&研修担当を経て、現在はコンサルティング会社にて企業の相談事をメインに活動中。子持ち、資格マニア、雑学大好き。就職転職だけでなく、結婚出産等も含めたキャリア相談に定評あり。
Twitter:@ career_sheep


感想やご意見をくれると喜びます
お便りはここをクリック


キャリアロードマップの一歩目
連載バックナンバーはこちら

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る