YouTube動画編集|クリエイターツールをつかってテロップや音楽を挿入する方法を解説

2020/03/26

ITスキル

YouTubeでは、クリエイターツールを利用することで動画の編集ができます。ここでは主にクリエイターツールを使って字幕や音楽を挿入する手順を示します。さらに具体的にクリエイターツールでできることと併せて、動画編集や動画のダウンロードまでの手順も解説します。

<目次・お困りごとの解決策>
1.クリエイターツールでできること
2.字幕(テロップ)の挿入方法
3.音楽(BGM)の挿入方法
4.動画のカット方法
5.動画をダウンロードする方法

動画編集用PCのことや編集ツールの使い方を解説。
動画編集に関する記事はこちら

クリエイターツールでできること

YouTubeのクリエイターツールを使うことで、以下の動画編集が可能です。

・字幕(テロップ)の挿入
・音楽の挿入
・動画のカット
・ボカシ処理
・エンディングの挿入
・動画中のメッセージ(カード)の挿入

クリエイターツールには簡単な動画編集を行うための必要最低限の機能が備えられていて、別途映像編集ソフトを用意しなくても動画を作って投稿できます。動画編集以外にも動画・コミュニティ・チャンネルの管理、アナリティクスを使った分析などができます。

YouTubeで動画を投稿して管理するためツールですが、現在はクリエイターツールに変わるツールとして「YouTube Studio」というものが存在します。2020年3月現在でも、クリエイターツールは利用可能です。「YouTube Studio」についても追って解説したいと思いますが、今回はクリエイターツールの操作方法を紹介します。

クリエイターツールへのアクセス方法については、以下を参照ください。

【YouTubeの基本操作】クリエイターツールを使って動画編集する方法
次に、具体的にクリエイターツールを使った動画編集の手順を解説します。

字幕(テロップ)の挿入方法

クリエイターツールで、字幕(テロップ)を挿入することができます。クリエイターツールの動画編集画面を開き、字幕を挿入する手順を以下に示します。

(1)動画編集画面から「字幕」を選択します。

YouTube クリエイターツール

(2)「新しい字幕を追加」ボタンから「日本語」をクリックします。

YouTube クリエイターツール

(3)字幕を追加する方法を次の3つから選択します。
・ファイルをアップロードする
・文字起こしと自動同期
・新しい字幕を作成する

今回は「新しい字幕を作成する」を選択した場合の手順について解説します。

YouTube クリエイターツール

(4)左側にタイムラインが表示されるため、挿入したい字幕を入力します。

YouTube クリエイターツール

(5)編集完了後、右上の「変更を保存」ボタンをクリックします。

YouTube クリエイターツール

音楽(BGM)の挿入方法

次に音楽(BGM)を挿入します。クリエイターツールでは、著作権料が無料の音楽が多数用意されているため、その中から動画に最適な音楽を選ぶことができます。

(1)動画編集画面から「音楽」を選択します。

YouTube クリエイターツール

(2)ページ下部に表示される音楽のリストから、挿入したい音楽を選んで「動画に追加」リンクをクリックします。

YouTube クリエイターツール

(3)音楽が挿入されます。

YouTube クリエイターツール

(4)音量を「音声のサチュレーション」で調整します。

YouTube クリエイターツール

(5)編集後、「変更を保存」ボタンをクリックします。

YouTube クリエイターツール

動画のカット方法

動画の単純なカットもクリエイターツールで行えます。動画をカットする手順は次の通りです。

(1)動画編集画面から「動画加工ツール」を選択します。

YouTube クリエイターツール

(2)動画加工ツールの「カット」ボタンをクリックします。

YouTube クリエイターツール

(3)両端を青色のバーで囲まれた部分が1つの動画の長さを示します。バーを動かして動画の長さを調整します。

YouTube クリエイターツール

(4)動画の途中をカットする場合は、カットしたい部分で「分割」ボタンを押し、動画を複数に分割します。

YouTube クリエイターツール

(5)分割した不要な部分を「×」ボタンを押して削除します。

YouTube クリエイターツール

(6)編集完了後、「完了」ボタンをクリックします。

YouTube クリエイターツール

(7)想定通りに動画がカットできているのを確認したら、右上の「保存」ボタンをクリックします。

YouTube クリエイターツール

動画をダウンロードする方法

編集した動画をMP4形式でダウンロードすることができます。動画をダウンロードする手順は次の通りです。

(1)動画の管理画面を開きます。

YouTube クリエイターツール

(2)ダウンロードしたい動画の「編集」ボタンの横にある「▼」ボタンをクリックします。

YouTube クリエイターツール

(3)「MP4でダウンロード」を選択します。

YouTube クリエイターツール

まとめ

YouTubeのクリエイターツールを使うことで、動画編集ソフトがなくても簡単な動画編集は行えます。これから動画を編集してYouTubeに投稿してみたいと考えているのであれば、一度使ってみてはいかがでしょうか。ここで紹介した以外にも、ボカシ機能やエンディングの追加機能などもあるので、ぜひ試してみてください。

(学生の窓口編集部)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]