Androidユーザーにおすすめの便利な動画編集アプリ

2020/03/16

ITスキル

スマートフォンの普及で、動画視聴だけでなく動画作成も手軽なものになりましたね。ただ、メイン機としてAndroidを使っている人にとっては、iPhoneのiMovieのように、純正の動画編集アプリがなく、動画編集アプリ選びが悩ましい人も多くいるのではないでしょうか? 本記事では、Androidユーザー向けの動画編集アプリを紹介します。(2020年3月現在)

動画編集用PCのことや編集ツールの使い方も解説。
動画編集に関する記事はこちら

Android用のおすすめ動画編集アプリ

Androidのアプリはとにかく数が多いのが特徴です。そのため、どのアプリが良質なものなのかわからない場合も少なくありません。そこで、それぞれの特徴と合わせて、おすすめの動画編集アプリを厳選して紹介します。

Magisto

基本的に無料で利用でき、SNSに投稿するための動画編集アプリとして人気があります。撮影した動画を選択し、テーマと音楽を選ぶだけで、まったくの初心者でも簡単にストーリー性のある動画を作ることができます。

Magisto

PowerDirector

Androidの動画編集アプリの中では最強クラスと言われるほど、高機能で使いやすいアプリです。右下にロゴが入るのを気にしなければ、エフェクト・字幕・トランジションなど、ほとんど無料で使えます。

PowerDirector

VideoShow

「魔法のビデオエディタ」というサブタイトルの通り、エフェクトやテーマを使って魔法をかけたような個性的な動画を作ることができます。王冠マークのついたテーマや素材を使いたいときは、有料版を検討してみましょう。

VideoShow

キネマスター

映画のような美しく叙情的な動画を作りたいなら、このキネマスターがおすすめです。アプリ操作も洗練されて使いやすく、基本的に無料で使うことができます。

キネマスター

InShot

何よりもSNS映えする動画を作りたい、という人には、このInShotがお勧めです。インパクトのあるフィルターやステッカーのほか、コラージュ機能もついています。基本的に無料で使うことができます。

InShot

Adobe Premiere Rush

画像・映像編集で有名なAdobeのスマホアプリです。動画を作成するというよりも、既存の動画に編集を加えて、より美しいものへと進化させたい人向けのアプリです。3回まで無料で書き出せますが、それ以上は有料版へのアップデートが必要です。

Adobe Premiere Rush

VivaVideo

このアプリ一つで、動画の撮影から編集まで行うことができます。テーマやフィルター、逆再生やズームなど、さまざまな機能が豊富に備わっています。透かしの入らない有料バージョンも、割とお得な値段で手に入ります。

VivaVideo

FilmoraGo

PC版で人気の高い動画編集ソフトのAndroid版です。オーバーレイやタイトル付加などレイヤー的な編集が簡単に行えます。基本的に無料で使うことができますが、エフェクトセットの追加は有料となります。

FilmoraGo

Vizmato

スタイリッシュなUIと簡単な操作で手軽に本格的な動画を作ることができます。通常の動画編集のほかにも、スライドショーやGif動画も作成することができます。基本的に無料のアプリです。

Vizmato

まとめ

Androidの動画編集アプリは、本格的な編集機能を持つものや有名なPC動画編集ソフトのアプリ版、SNS映えに特化したものなど、その特徴はさまざまです。ぜひ、自分のやりたい編集に合ったアプリを選びましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]