当期純利益とは? 意味や算出方法、数字の見方について解説

2020/09/25

お金の知識

企業はさまざまな活動を通じて、お金を稼ぎます。それが儲けになるのですが、会計上は、「当期純利益」や「営業利益」「経常利益」など、いくつもの利益が存在します。この違いを理解すると企業の経営状態が分かります。

【監修協力:資格の大原(社会人講座)

当期純利益とは

当期純利益と利益との違いについて

まず、企業の利益について、違いを確認しておきましょう。

企業における利益には、
「売上総利益」
「営業利益」
「経常利益」
「税引前当期純利益」
「当期純利益」
と、5つの種類があります。

それぞれの違いが分かりづらいという方も多いでしょうから、まずは一つずつ説明していきます。

「売上総利益」とは、会社のもっとも基本となる利益で、売上高から売上原価(仕入高)を引いたものです。粗利とも呼ばれています。

「営業利益」とは、企業の本業で稼いだ利益で、売上総利益から人件費やオフィス賃貸料、営業経費などの「販売費及び一般管理費」を引いたものです。

「経常利益」は、本業で稼いだ営業利益と本業以外で稼いだ営業外収益(例えば企業の持つ遊休地の賃貸料)を足したものから営業外費用を引いたものです。

「税引前当期純利益」は、税金を支払う前の当期の利益です。経常利益に、固定資産を売却して利益が生じた場合などの特別利益を足したものから、固定資産の火災による損失が生じた場合などの特別損失を引いたものです。

最後に「当期純利益」とは、一事業年度のすべての収益から、コストをすべて差し引いた当期の最終利益のことです。企業のその年度における経営活動の最終的な成果ともいえます。

当期純利益の算出方法と見方について

当期純利益の算出方法は、企業が本業を含めた事業全体から得た経常利益に、突発的な特別利益と特別損失を加減算し、法人税などを差し引いて求めます。この数値がマイナスだと、利益ではなく、「当期純損失」になります。

当期純利益を見れば、その会社が一事業年度でどれだけの成果をあげたのかが分かります。
例えば、経常利益が赤字でも、当期純利益が黒字の場合、事業は振るわなかったが、臨時的な利益があったおかげでプラスになったと読み取れます。ただし、経常利益が赤字である以上、会社経営は不安視されざるを得ません。

また経常利益が黒字で、当期純利益が赤字の場合、当期純利益がマイナス、つまり当期純損失になったが経常利益は黒字であることを意味します。一時的な特別損失などが生じたことが推測されるため、今後、業績が好転する見込みはあると判断できます。

まとめ

当期純利益は、企業の収益性・健全性を知るために欠かせない指標の一つです。事業の収益性を把握するなら経常利益を見て、会社としての損益を把握するなら当期純利益を見ます。両方の利益に目を向けることが必要です。

(学生の窓口編集部)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

お金の知識の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る