Excelで今日の日付を入力・変換してみよう! DATESTRING関数、TEXT関数の使い方も解説

2019/11/26

新生活・準備

Excelで今日の日付を西暦で入力する際に、細々と数字を打ち込んでいませんか? Excelでは関数を知っていればワンクリックで日付を入力できます。 今回は、Excel 2016での変換の仕方を解説します。

Excelが一気に便利に! 基本の関数まとめ

今日の日付を西暦で入れてみる

セルを選択し、Ctrl+;を入力すると、今日の日付が表示されます。

今日の日付を和暦に変換する

今日の日付を和暦で表示したい場合には、「DATESTRING関数」を用います。
(1)任意のセルを選択し、=DATESTRING(TODAY())を入力します。

(2)今日の日付が和暦で表示されました。

今日の曜日を表示する

曜日を表示したい際には「TEXT関数」を用います。
=TEXT(セルの位置,"表示形式")
がTEXT関数の基本です。

(1)日付を入れたセルの隣に、=TEXT(A1,"aaaa")を入力する。

(2)今日の曜日が表示されました。

表示形式のコードには種類があります。

aaa 月、火、水、木、金、土、日
aaaa 月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日
ddd Mon、Tue、Wed、Thu、Fri、Sat、Sun
dddd Monday、Tuesday、Wednesday、Thursday、Friday、Saturday、Sunday

例えば、=TEXT(A1,"ddd")を入力した場合、

このように表示されます。

用途に応じて、使い分けていきましょう。

まとめ

関数を使えば、今日の日付を数字で手入力する必要がなくなるので、とても便利です。この機会に習得しておきましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]