【日付計算】Excelで「数年後の日付」を表示する方法は? DATE関数をマスターしよう!

2019/11/26

新生活・準備

Excelを使って日付計算をする中で「数年後の日付を求めたい」という場合があると思います。
ここでは、Excel 2016を例に「×年後の日付」を求める方法を解説します。

Excel関数の基本まとめ

1年後の日付を表示する

Excelで1年後の日付を表示するにはDATE関数を用います。

例えば、A列にある日付の5年後の日付を表示したい場合には、「=DATE (YEAR(A1)+5, MONTH(A1) ,DAY(A1))※」と入力します。

※「YEAR(A1に表示された年から5年後)、MONTH(A1に表示された月と同じ)、DAY(A1に表示された月と同じ)」

「Enter(エンター)」キーを押せば、1年後の日付が自動算出されて表示されます。

日付のセルの個数をカウントする

無作為に配置されたデータの中から、特定の日付が表示されたセルの個数をカウントする場合には、COUNTIF関数を用います。

例えば、これの多くの日付の中から「2015/4/5」を探し出したい場合、

検索の範囲はA列の1行目から14行目なので「A1:A14」になります。検索したい日付を入力すると数式はこうなります。

=COUNTIF(A1:A14,"2015/4/5")

※=COUNTIF(検索する列の開始位置:検索する列の終了位置,"検索する日付")

エンターを押すと、該当の日付が表示されているセルの個数が判明します。

COUNTIF関数の数式は2通りあり、下記のどちらを用いても計算ができます。

(1)=COUNTIF(A2:A20,"2015/2/6")

(2)=COUNTIF(A2:A20,DATE(2015,2,6))

まとめ

今回は、Excelを用いて「数年後の日付」を表示させる方法など解説しました。関数というとちょっと身構えてしまうかもしれませんが、意味を理解すれば、意外と簡単に使えるものです。関数を覚えて、Excelを使いこなしていきましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]