これでExcelの日付計算はマスター! DATEDIF関数、EDATE関数を使う方法も解説

2019/11/26

新生活・準備

Excelでは、さまざまな方法で日付を計算することができます。

ここではExcel 2016を例に、日付計算や、さまざまな関数による方法について解説します。

Excel関数の基本まとめ

日付計算に関して知っておきたい「シリアル値」

Excelの日付計算に関して、ぜひ知っておきたいのが「シリアル値」です。シリアル値とは、Excelが1900年1月1日を起点として、日付を連番で管理している数字のことを指します。

例えば1900年1月1日は「1」、1900年1月2日は「2」というように、日付を数値として管理することで、日付計算がしやすくなるのです。シリアル値は、Excel上で簡単に確認することができます。

「シリアル値」の確認方法

(1)任意の日付を、西暦から入力。

(2)「ホーム」>「表示」>「標準」を選択

(3)ここで表示される数字が、その日付に対する「シリアル値」です。

日数を計算する

日付を計算する際には式を用います。

「1日後」を計算する場合

(1)1日後の日付を計算する場合、任意の日付を入れた後、次のセルに「=A2+1」を入力します。

(2)Enterキーを押すと、翌日の日付が表示されます。

「1日前」の日付を表示したい場合には、同様に「=A2-1」の数式を入力しましょう。

「n日後」を計算する場合

該当の日付から何日後かの日付を計算したい場合には「=A2+n」を用います。
例えば30日後なら「=A2+30」となります。

(1)任意の日付の隣に式を入力します。

(2)Enterキーを押すと、30日後の日付が表示されます。

「n日前」の日付を出したい場合には、同様に「=A2-n」の数式を入力しましょう。

日付間の日数を導き出す

日付間の日数を導き出したい時は「=B2-A2」を用います。この場合、後の日付を「B2」の位置に置かないと、マイナスで日付表示されるので注意しましょう。

(1)表に「=B2-A2」を挿入する。

(2)日付間の日数が表示されます。

月数を計算する

二つの日付の間の月数を計算するには、「DATEDIF 関数」を用います。

(1)任意の日付を入れたセルの隣に「=DATEDIF(A1,B1,"m")」を記入します。

※「A1」「B1」は日付が入っているセルの位置、「"m"」は月数を表します。

(2)エンターを押すと月数が算出されます。

先に表示されている年月日のほうが大きい場合、月数は表示されませんので、注意してください。

暦による月数計算

Excelでは「暦による月数計算」もできます。これまでとの違いは、単純に1か月後の日付を算出するのではなく、暦の上での1か月後を計算する点です。

例えば、1月31日の1ヶ月後は2月31日ですが、暦の上で2月31日は存在しないため、2月28日を1ヶ月後として計算します。

暦による月数計算では「EDATE関数」を用います。

1か月後の月数計算をする場合

(1)暦による月数計算をしたいセルの隣に「=edate(A2,1)」を記入します。

※「A2」がセルの位置、「1」が「1か月後」を指します。

(2)エンターを押すと1ヶ月後の日付が表示されます。

同様に1ヶ月前の場合は「=edate(A2,-1)」、任意の日付を求める場合には、「=edate(A2,n)」で算出することができます。

まとめ

Excelでは日付の計算ができますが、関数や方法によって、それぞれの特徴があります。

それぞれの違いを押さえ、自分に最適なデータが導き出せるようにしましょう。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]